当メディアではアフィリエイト広告を使用しています

フェイク防止。Galaxy S24、Galaxy AIで編集した画像には透かしが入る仕様

bio
Yusuke Sakakura公開日:2024/01/21 15:45
3行まとめ
  • 画像編集はサーバー上の高度なAIにより、一段と進化しています。
  • Pixel 8シリーズではすでに顔の表情の入れ替えが可能に。
  • SamsungはAI編集の透かしやメタデータを追加し、偽情報を防止しています。

Galaxy S24シリーズでは、Galaxy AIによって人やペットを別の場所に移動して被写体の跡地をAIで埋める、角度補正で足りない画素をAIで生成するなど、より自然な画像編集が行えます。

その反面で問題となっているのがあまりにも自然すぎて加工されたのか、加工されていないのか見分けられず、事実や真実を証明する証拠をねじ曲げることが容易で嘘の情報を拡散するために利用されてしまうことです。

SamsungはAIの悪用を防ぐためにAIで編集された画像に透かしを入れることがわかりました。

これまでの画像編集はオンデバイスで動作するものがほとんどで、できることに限界がありました。オンデバイス編集の限界は写真から邪魔なものを消すGoogleの「消しゴムマジック」やSamsungの「オブジェクト消去」だったと思います。

上限を突破するためにGoogleとSamsungは編集する画像をサーバーにアップロードして高性能なAIモデルを利用することで、これまでは不可能だった高度な画像編集を実現しています。

編集前編集後
Pixel 8、AIで被写体を移動・拡大・消去できる編集マジック

Pixel 8シリーズで利用できる顔の表情を入れ替えるような驚きのAI編集はもうすでに登場していますが、今後もAI編集は加速的に進化して、より自然な編集や高度な加工ができるはずです。

記事の冒頭でも書いたとおり、AI編集を活用して嘘の情報を拡散するようなことも増えていくことが予想されますが、MKBHDによるとSamsungはAI編集した画像の左下に透かしを入れるとのこと。また、Android Authorityによれば、AIによって編集されたことがわかるメタデータも付与されるとのことで、フェイク防止もケアするようです。

Samsungの取り組みはGoogleや高度なAI編集を導入する他のメーカーも取り入れるかもしれません。透かしは画像の切り抜きなどで簡単に消すこともできるため、XなどのSNSにはメタデータを読み取り、AIで編集されたことを表示することも期待されます。

Galaxy S24
Galaxy S24$ 799.99よりスタイリッシュで落ち着きのあるOne-massデザインのボディにGalaxy史上最速のチップを搭載。画面の明るさが最大48%、屋外での視認性が40%向上したビジョンブースターによって日差しの強い屋外でも快適に利用できます。また、消費電力を改善する最小1Hzの可変リフレッシュレートに対応したディスプレイに加えて、バッテリー容量がアップしたことで快適にゲームをプレイできます。レビュー記事/比較記事を読む
Galaxy S24 Ultra
Galaxy S24 Ultra$ 1,299.99Galaxyスマートフォン初の頑丈なチタニウムフレームを採用。40%以上も明るくなった約6.8インチのフラットディスプレイ、4つの画角で光学/光学相当のズーム撮影が楽しめるクアッドテレシステムのカメラ、最新チップのSnapdragon 8 Gen 3 for Galaxy、1.9倍も大きくなったベイパーチャンバー、5000mAhの大容量バッテリーを搭載した究極のGalaxy Ultraです。レビュー記事/比較記事を読む
話題の流れ
コメント
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

質問する際は画面にどういったメッセージが表示されているのか、利用機種・OSのバージョンも書いてください。

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

攻撃的・侮辱的・過激・不快な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

VPNを使った書き込みおよび連投は承認されません。

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています