Googleマップ、ついにARナビゲーションに対応。見ている風景に進行方向を表示

bio
Yusuke Sakakura

Googleマップ、ついにARナビゲーションに対応。見ている風景に進行方向を表示

5月9日、Googleが開催した開発者向けのイベント「Google I/O 2018」で地図アプリ「Googleマップ」の新機能とアップデートを発表した。今年の夏に提供されるアップデートで「Googleアシスタント」に対応しARをつかったナビゲーション機能を提供する。

スマホの画面に進行方向を表示するARナビゲーション

ついにGoogleマップのナビゲーション機能がARに対応する。Googleマップを起動してスマートフォンのカメラを起動すると、AIによって建物の特徴を解析してディスプレイに映し出されている現実の世界に目的地までの進行方向を矢印で表示する。

建物と道が多い都会や不慣れた土地ではGoogleマップを使っても1本間違った道に入ってしまうことも少なくないが、ARを活用することで自分が見ている風景にナビを表示することで解消する。またカメラで捉えた建物や店舗を解析して営業時間やレビュー評価も表示するようだ。

なお、ARナビゲーションの提供時期は明らかにされていない。

スマホの画面に進行方向を表示するARナビゲーション

ナビ中に声でマップを操作。音楽の再生やメールの読み上げも

ナビ中に声でマップを操作。音楽の再生やメールの読み上げも

今年夏に提供されるGoogleアシスタントによるナビゲーション機能では、画面に触れることなく声だけでメッセージを送信したり、音楽やポッドキャストの再生、インフォメーションを取得できるようになる。例えば「OK Google、メッセージを読んで」とお願いすると、未読メッセージの要約を読み上げてくれるようだ。

これまでは片手にハンドルを握りながらマップを操作していた人もいるかもしれないが非常に危険。夏以降は声でマップを操作して視線を動かすことなく運転に集中できるため安全にナビを利用できる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています