bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google Playで有料アプリとアプリ内課金のプロモーションコード発行が可能に

Android

Google Playで有料アプリとアプリ内課金のプロモーションコード発行が可能に

グーグルは、Google Playストアにてプロモーションコードの作成・発行を可能にしました。

これにより有料アプリやアプリ内課金を無料で配布するなどして、プロモーション利用に役立てることができます。

アップルのAppStoreではかなり前から利用可能になっていましたが、ようやくGoogle Playストアでも利用可能になりました。開発者としてようやくといったところではないでしょうか。

Google Playでプロモーションコードの発行が可能に

Google Playストアのヘルプページによると、有料のAndroidアプリだけでなく、アプリ内課金(定期購入など一部をのぞく)のプロモーションコードも発行が可能です。

プロモーションコードの発行数には、四半期ごとに500個までという制限がかけられており、次の四半期への繰り越しは不可となっています(最大数を501個以上にはできない)なお、プロモーションコードの有効期限は最長1年間とのこと。

プロモーションコードを作成・発行は、Google Playデベロッパーコンソールから行えます。詳しい作成方法は以下のとおりです。

1.Google Play デベロッパー コンソールにアクセスします。
2.アプリを選択します。
3.[プロモーション] > [新しいプロモーションを追加] を選択します。
4.利用規約を確認して同意します。
5.画面の指示に沿って、プロモーションに名前を付け、開始日と終了日を設定し、プロモーションの種類を選択して、作成するプロモーション コードの数を入力します。
6.入力した開始日から終了日までの期間にプロモーションを有効にするには、ステータスを [オン] に設定します。
7.[作成] をクリックします。
8.数秒間待ってから、[コードをダウンロード] を選択します。

引用元:プロモーションの作成 – Google Play デベロッパー ヘルプ

プロモーションコードはCSV形式でダウンロードされます。コードはディープリンクを送信することでメールだけでなく、アプリ内の通知からコードを共有することも可能とのこと。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2018/11/15
Twitter、翻訳機能をMicrosoftからGoogleに変更。酷評されていた翻訳精度向上へ

ソフトバンク

2018/11/15
ソフトバンク、上下の“ダブルノッチ”搭載のコンパクトスマホ「AQUOS R2 Compact」を発売

Pixelの噂・最新情報

2018/11/15
ついに登場。Pixel 3に夜間モード「Night Sight」追加で驚異的な夜景撮影が可能に

Googleニュース

2018/11/14
Google、App Storeの手数料30%を上乗せして「YouTube Premium」を提供
Recommendこんな記事も読まれています