iOS 16 パブリックベータ版が配信開始。インストール方法まとめ

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/07/12 6:30

iOS 16 パブリックベータ版が配信開始。インストール方法まとめ

7月12日、Appleが2022年秋に正式配信を予定している「iOS 16」と「iPadOS 16」を先行利用できるパブリックベータ版の提供がスタートしました。

既に開発者向けに提供されている通常のベータ版は、年額12,980円を支払ってデベロッパープログラムに登録する必要がありますが、品質向上を目的としたパブリックベータ版は誰でも無料でインストールできます。

この記事では、iOS 16 パブリックベータ版のインストール方法を画像付きで詳しく紹介します。

目次

パブリックベータとは?

パブリックベータとは?

パブリックベータ版は開発中のプレリリース版を先行的に体験できるソフトウェアです。

正式版ではないため動作は不安定です。強制終了などの不具合が発生したり、アプリやシステムが正しく動作しないことを理解して利用する必要があります。

日常的に利用しているiPhoneやiPadにはインストールせず、今は使っていない機種を利用しましょう。

よくある質問

ベータ版とパブリックベータ版の違いは?

ベータ版はアプリを開発するデベロッパー向け。パブリックベータ版は誰でも参加できるテスター向けです。アップデートはベータ版への提供が早く、パブリックベータ版には少し遅れて提供されます

アプリが正常に動作しません。

先述したとおりアプリだけでなくシステムも含めて正常に動作しない可能性が高いのがパブリックベータ版です

電池持ちが悪いです。

パブリックベータ版では目に見える不具合だけではなくシステム内部の不具合も発生していてバッテリーに影響を与えている可能性があります

スクリーンショットなどをSNSなどで公開しても大丈夫ですか?

パブリックベータ版のインストール時に求められる利用規約および契約(NDA)で禁止されています。契約には「確定が困難なほど取り返しのつかない損害および甚大な被害をAppleに及ぼし得ることを、ここに理解します。」との一文が記載されています。

不具合を発見しました。

Feedbackアプリから不具合の報告を行うことで、問題の特定・修正・品質向上に役立てられます

パブリックベータ版をやめたいです。

プログラムの脱退申込みページにアクセスして「Apple Beta Software Programから脱退」をタップしたあと「プログラム脱退」を選択するとやめることができます

パブリックベータ版から正式版にアップデートできますか。

アップデート可能です。設定画面から「一般」>「プロファイル」と進んでインストールしたパブリックベータ版のプロファイルを削除してください

iOS 16とiPadOS 16の対応機種

iOS 16
iPhone 13 / iPhone 13 mini / iPhone 13 Pro / iPhone 13 Pro Max
iPhone 12 / iPhone 12 mini / iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Max
iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max
iPhone XR / iPhone XS / iPhone XS Max
iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus
iPhone SE(第2世代)
iPadOS 16
iPad Pro(全モデル)
iPad Air(第3世代以降)
iPad(第5世代以降)
iPad mini(第5世代以降)

パブリックベータ版のiOS 16をインストールする

パブリックベータ版をインストールする流れはバックアップを取る→プログラムに登録→プロファイルのインストール→パブリックベータ版にアップデートになります。

各項目ごとに詳しく紹介していきます。

iPhoneをバックアップする

iPhone/iPad/iPod touchをバックアップする

パブリックベータ版をインストールする前にかならずバックアップを取っておきましょう。

    iPhoneをMac Finderでバックアップする
  1. iPhoneとMacをLightning - USBケーブルで接続する
  2. iPhoneに“このコンピューターを信頼しますか?”と表示されたら「信頼」を選択する
  3. iPhoneでパスコードを入力する
  4. MacのFinderを起動して、サイドバーからiPhoneを選択する
  5. 「信頼」ボタンをクリックする
  6. 「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択する
  7. 「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れる
  8. 復元時に必要なパスワードを入力して「パスワードを設定」ボタンをクリック
  9. 「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップ開始

iOS 16 パブリックベータ版にアップデートする

  1. STEP 1

    Apple Beta Software Programにアクセス

    SafariからApple Beta Software Programにアクセスして「登録」ボタンをタップします

    Apple Beta Software ProgramにアクセスApple Beta Software Programにアクセス

  2. STEP 2

    Apple IDでログイン

  3. STEP 3

    iOSデバイスの登録

  4. STEP 4

    プロファイルのダウンロード

  5. STEP 5

    プロファイルをインストール

  6. STEP 6

    iPhoneのアップデート

  7. STEP 7

    パブリックベータ版 iOS 16のダウンロード

  8. STEP 8

    パブリックベータ版 iOS 16のインストール

  9. DONE

iOS 16からiOS 15に戻す方法

ベータ版のiOS 16は今年秋の正式リリースに向けて段階的に品質を上げていくため、リリース当初は動作がかなり不安定で意図しないタイミングで強制終了したり、異常な発熱が起きたり、電池消費が激しくなったりします。

再起動や強制終了、フリーズなどを繰り返すため日常生活で使っているiPhone/iPod touchにインストールすることはおすすめしません。戻したい場合は以下の記事を参考にしてiOS 15に戻してください。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています