bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 11の新機能:Wi-FiとBluetoothに「未接続」が追加。コントロールセンターから「オフ」は不可に

iOS 11

iOS 11の新機能:Wi-FiとBluetoothに「未接続」が追加。コントロールセンターから「オフ」は不可に

「iOS 11」でWi-FiやBluetoothをオフにするにはコントロールセンターからそれぞれのアイコンをタップすればいい、それは間違った操作だ。

コントロールセンターのデザインと機能・操作性が大幅に刷新された「iOS 11」ではWi-FiやBluetoothのボタンをタップしてもオフにはならず、「未接続」となることが明らかになった。

Wi-FiやBluetoothのステータスに新たに「未接続」が追加される

「iOS 10」以前のiPhoneやiPadではコントロールセンターからWi-FiやBluetoothのボタンをタップするとそれぞれの機能が完全にオフにされていた。以下のとおりボタンをタップすると「Wi-Fi: オフ」「Bluetooth: オフ」といったメッセージが表示され、AirDropもオフになっていた。

iOS 10のコントロールセンターでオン・オフ操作
iOS 10、Wi-Fi/Bluetoothのオン→オフ操作

しかし、「iOS 11」ではコントロールセンターからWi-FiやBluetoothのボタンをタップすると「未接続」と表示され、AirDropはオンのまま。機内モードをオンにするとようやく「オフ」と表示されてAirDropも使えなくなる。

iOS 11のコントロールセンターでオン・オフ操作
iOS 11、Wi-Fi/Bluetoothのオン→未接続→オフ操作

「未接続」と「オフ」の違いとは?

オン 未接続 オフ
「オン」「未接続」「オフ」の状態はアイコンで見分けることができる

「未接続」と「オフ」との違いについてはAppleのサポートページで確認できる。サポートページによれば、Wi-FiやBluetoothを「未接続」の状態にすると、Wi-FiやBluetoothアクセサリ、対応デバイスとの接続は解除されるが利用頻度と重要度の高い「AirDrop」や「Apple Watch」、「Apple Pencil」などの一部機能は引き続き利用できるとのこと。

例えば、BluetoothアクセサリとiPhoneをペアリングする時、接続がなかなかうまくいかないことがある。そういった時、ほとんどの人がBluetoothのオン→オフを繰り返して再接続を試みるはずだが、BluetoothがオフになるとApple WatchやApple Pencilとの接続まで切断されてしまう。また、Wi-FiやBluetoothを切断したままオンにするのを忘れてしまう人もいるだろう。

そういった時に「未接続」が役立つ。ペアリングがなかなかうまくいかないアクセサリとの接続は切断するが、Apple WatchやApple Pencilの接続は維持されるため、iPhoneの通知が引き続きApple Watchに転送されるほか、iPadでApple Pencilを使うこともできる。

なお、Wi-FiやBluetoothを完全にオフするには機内モードを利用するか、設定からWi-FiやBluetoothの接続を無効にすることで完全にオフになる。

Wi-Fi、Bluetoothが「未接続」状態でも使える機能

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/08/20
「dアカウント」で2段階認証を設定・解除する方法

LINE

2018/08/20
LINE、アップデートでプロフィール画面を大幅リニューアル

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

2018/08/19
Google、自社製の「スマートディスプレイ」を2018年末に発売か

Googleニュース

2018/08/19
Google、新型Chromecastを今秋発売へ。ゲームコントローラーなどサポートか
Recommendこんな記事も読まれています