iOS 14.7でApple Watchの自動ロック解除に不具合。今後のアプデで解決と案内

bio
Yusuke Sakakura

iOS 14.7でApple Watchの自動ロック解除に不具合。今後のアプデで解決と案内

7月20日、Appleが配信を開始した「iOS 14.7」にアップデート後、Touch IDを搭載したiPhoneでApple Watchの自動ロック解除が使えなくなる不具合が発生した。

Appleはすでに問題を認識していて「今後のソフトウェア・アップデートで解決する見込み」と案内している。

アップデートが提供されるまでは直接パスコードの入力が必要

iPhoneとApple Watchには「iPhoneでロックを解除」という機能が備わっていて、Apple Watchを腕に付けている状態でiPhoneのロックを解除すると、連動してApple Watchのロックを解除することができる。

ところがiOS 14.7にアップデートしたTouch ID搭載のiPhoneにおいて同機能が動作せず、iPhoneでApple Watchのロックを解除できなくなるとAppleが報告した。

暫定的な対応として不具合が発生した場合は、Apple Watchで直接パスコードを入力してロックを解除する必要があるとのこと。なお、Apple Watchの画面ロックは手首から外さない限りロック解除の状態が続くため、毎回パスコードを入力するといった手間はかからない。

前述したとおりこの不具合は今後のソフトウェア・アップデートで解決する見込み。不便だがアップデートが提供されるまではApple Watchで直接パスコードを入力して画面ロックを解除する必要がある。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています