iOS 14.5、YouTubeで再びピクチャ・イン・ピクチャに対応

Yusuke Sakakura

iOS 14.5、YouTubeで再びピクチャ・イン・ピクチャが可能に

iOS 14で追加された新機能ピクチャ・イン・ピクチャ。小窓で動画を見ながらTwitterでタイムラインを投稿したりツイートを投稿できる便利な機能だ。

ピクチャ・イン・ピクチャを利用するにはサービスやアプリが対応している必要がある。iOS 14のリリースからまもなくしてYouTubeはピクチャ・イン・ピクチャの利用を制限していたが、Appleが開発中のiOS 14.5では再びピクチャ・イン・ピクチャが利用可能になっていることが確認された。

正式版の提供までに再び制限される可能性も

ピクチャ・イン・ピクチャを利用するには、ベータ版およびパブリックベータ版のiOS 14.5をインストールしたあと、SafariやChromeなどのブラウザからYouTubeにアクセスして動画を再生後、ピクチャ・イン・ピクチャのアイコンをタップすると小窓でYouTubeが再生される。

iOS 14.5のインストール後もYouTubeアプリではピクチャ・イン・ピクチャを利用することはできない。

どういった理由で再びピクチャ・イン・ピクチャが利用可能になったかはわからないが、YouTubeが月額1,180円のプレミアム会員向けにバックグラウンド再生を提供していることを考えれば、将来的には利用できなくなる可能性が高い。少なくとも無課金ユーザーにはピクチャ・イン・ピクチャを開放しないだろう。

なお、iOS 14.5ではiPhoneとApple Watchをペアリングすることでマスクをつけたまま顔認証でiPhoneのロックを解除できる新機能が追加される予定だ。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

AirTag

2021/05/06
新着記事
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除
Recommendこんな記事も読まれています