bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone10周年モデルに「iPhone X」が参戦

iPhoneの噂・最新情報

iPhone10周年モデルに「iPhone X」が参戦

Appleが初代iPhoneを発売してから10周年となる今年。デザインが大幅に変更され、顔認証やワイヤレス充電など機能面でも大幅に進化する10周年モデルの登場が噂されている。

デザインや機能の噂はほぼ固まっているが名前についてまだ情報が錯綜している。中でも有力とされているのが「iPhone Edition」だが、もっともらしい理由と共に「iPhone X」になると報じられた。

10周年・10機種目は「iPhone X」に?

TheNextWebがオランダのiculture経由で10周年モデルの名前が「iPhone X」になると伝えた。情報源はicultureが信頼するソースとのこと。

「iPhone X」をそのまま読めばアイフォン・エックスだが、“X”はローマ数字で“10”を表現するため読みはアイフォン・テンとなるようだ。

icultureはiPhoneの登場から“10”周年であることや次期iPhoneが“10”機種目となることから「iPhone X」が採用されるのは理にかなっていると主張し、Mac向けのOSでも「OS X」(現在はmacOS)と名前が付いていた前例も紹介している。

「iPhone X」「iPhone Edition」「iPhone Pro」

10周年モデルの名前はこれまでに報じられた噂だけでも「iPhone X」「iPhone Edition」「iPhone Pro」などがある。

情報源を比べれば実際にパッケージを見た人物から得た情報で既にケースメーカーがパッケージの印刷作業を始めていると報じられた「iPhone Edition」が最も信ぴょう性が高いように感じるがあくまでも伝聞のため情報に誤りがある可能性もある。

ちなみに、「iPhone Pro」はベゼルレスディスプレイの採用をいち早く伝えていたJohn Gruberが予測したものだ。BusinessInsiderのアナリストも同様の予測を示している。

どれがロジカルか比べれば「Mac Pro」や「Apple Watch Edition」の流れを汲む「iPhone Pro」「iPhone Edition」も10周年モデルであることを強調する「iPhone X」も大差はない気がする。

ただ、10周年・10機種目を意味する「iPhone X」が来年以降も発売されるのであれば、「iPhone Pro」または「iPhone Edition」となる可能性が高いのではないだろうか。

どれだけ予測しても可能性の話しにしかならない。日本時間9月13日午前2時から開催されるスペシャルイベントで答えが出る。


コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/08/20
「dアカウント」で2段階認証を設定・解除する方法

LINE

2018/08/20
LINE、アップデートでプロフィール画面を大幅リニューアル

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

2018/08/19
Google、自社製の「スマートディスプレイ」を2018年末に発売か

Googleニュース

2018/08/19
Google、新型Chromecastを今秋発売へ。ゲームコントローラーなどサポートか
Recommendこんな記事も読まれています