bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、ノッチ廃止は実現せず“13”で小型化?

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、ノッチ廃止は実現せず“13”で小型化?

Appleが来週14日午前2時から開催するオンラインイベント『Hi, Speed』で発表が確実視されている新型iPhone(仮称:iPhone 12)

新しいiPhoneにノッチの小型化および廃止を望む人は多いはずだが残念ながら実現する可能性は低い。また、来年発売されるであろうiPhone 13シリーズでもノッチの廃止は実現しない可能性がある。

「iPhone 13」でノッチの縦幅が縮小か

Ice universeによると、2021年の新型iPhoneとなるであろう「iPhone 13」でもノッチデザインは継続されるそうだ。

Appleが顔認証「Face ID」を廃止してiPad Air4に採用された電源ボタン内蔵型の指紋認証または画面内蔵型の指紋認証にでも変更しないかぎりノッチデザインを辞めることはできないだろう。

良い知らせはiPhone 13のノッチは縦方向に小型化される可能性があるということ。

ただし、同氏はiPhone 12シリーズにパンチホール付きのディスプレイが採用される、さらにiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxにはリフレッシュレート最大120Hzのディスプレイ搭載が決定していると報じていたが両方とも外れそうだ。

Ice universeはSamsungのGalaxyシリーズに関しては数多くの実績があるが、Appleの未発表製品に関する情報については信ぴょう性が高いとは言えないため他者による続報を待ちたい。

なお、数多くの実績があるMing-Chi Kuoは最も画面サイズが小さい「iPhone 12 mini」に関してはアンテナレベルなどの表示領域を確保するために幅の狭いノッチを採用すると報じていた。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています