iPhone 12、MagSafe対応のリバース充電機能が隠されている?

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 12、MagSafe対応のリバース充電機能が隠されている?

AppleはiPhone 12シリーズに搭載した1つの新機能をまだ隠しているかもしれない。

その新機能はスマートフォンの背面にワイヤレス充電に対応した製品を乗せるだけでiPhoneのバッテリーをシェアできるリバースチャージ機能のようだ。

新機能の解放は2021年前半?

Jeremy Horwitzによると、AppleがFCCに提出したiPhone 12の資料には通常のQi規格対応のワイヤレス充電機能のほかに360kHzによるアクセサリの充電機能が記されているとのこと。

この報告を受けてBloombergのMark Gurmanは開発が噂されているAirPods 3とAirPods Pro 2向けのMagSafe充電器として機能するのではないかと予想している。

FCCに提出した資料に盛り込みながら今月のオンラインイベントで明らかにしなかった理由が新型AirPodsにあると考えるのは妥当な予想だ。

AppleがiPhoneのパッケージから有線イヤホンの同梱を廃止してAirPodsの販売を促進したにも関わらず、早ければ2021年前半に発売の可能性が噂されている新型AirPodsの存在をほのめかせば現行モデルが売れなくなってしまう。

なお、Appleは昨年発売したiPhone 11シリーズにもリバースチャージが可能な部品を搭載していたがソフトウェアで完全に無効化している。昨年との違いはFCCの資料からリバースチャージ機能が発見されたということだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています