bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/05/01 10:08
  • トップページ
  • iPhoneの噂・最新情報
  • 「iPhone SE2」のレンダー動画登場。4.7〜5インチのベゼルレス液晶、顔認証「Face ID」対応?
  • 「iPhone SE2」のレンダー画像登場。ほとんどデザイン変わらず?

    Photo by Tiger Mobiles.com

    近日発売と噂されている「iPhone SE2」、早ければ今月にも発売される可能性があるが信ぴょう性の高い情報はなくその姿を想像することは難しい。そんななか信ぴょう性不明なCADデータを元に作成されたレンダー画像・動画が公開された。

    ベゼルレス・顔認証・イヤホンなしの「iPhone SE2」

    「iPhone SE2」のレンダー画像と3D映像をリークしたのは実績あるリーカーのSteve H.(@onleaks)。Steve H.はTiger Mobiles.comと協力して全13枚の写真と1本の動画を公開している。

    噂ではディスプレイ側のデザインに大きな変化はなく指紋認証「Touch ID」を搭載すると伝えられているが、映像に写っている「iPhone SE2」にはTouch IDが存在しない。トップには切り欠きが存在していてTrueDepthカメラによる顔認証「Face ID」をサポートするようだ。また、背面はガラスパネルを採用してワイヤレス充電に対応するとの噂があるが、従来のiPhone SEと同じアルミとプラスチックのツートーンカラー・デザインになっている。また、ボディサイズはiPhone SEと同じながらディスプレイのサイズは4.7〜5インチとなるそうだ。おそらくベゼルレス化によるものだろう。噂と一致しているのはイヤホン端子が廃止されることぐらいだ。

    ワイヤレス充電非対応、顔認証「Face ID」対応の不自然さ

    写真と動画はSteve H.が入手したCADファイルから作成されたようだがCADファイルの信ぴょう性について本人も疑問を持っているそうだ。疑問なのはコストが高いとされるTrueDepthカメラを搭載しながらワイヤレス充電には対応しないということ。

    IHS Markitの調査によればiPhone 8の指紋認証センサーは他のセンサー郡と合わせた原価がわずか6.65ドルなのに対し、iPhone XのTrueDepthカメラ(フロントカメラ除く)は約2.5倍の16.70ドルとなっている。ワイヤレス充電もiPhone 8シリーズに追加されたコストの中で最も高いとされているが、電源管理コンポーネント全体のコストでも16.05ドルでTrueDepthカメラには及ばない。コストを極力抑える「iPhone SE」にはそぐわない気もする。一方、今後は指紋認証から顔認証への移行が確実に進んでいくことを考えれば・・・という気もする。

    「iPhone SE2」に関する情報にはとにかく一貫したものがない。噂ではガラスボディでイヤホン端子なしだが、先日中国からリークされた画像はガラスボディでイヤホン端子なしだった。そして今回はアルミボディでイヤホン端子なしだ。近日発売とされているのもiOS 11を搭載したデバイスがとある委員会の販売許可リストに掲載されたことが根拠になっていて「iPhone SE2」と決まってはいない。既に大量生産に入っているとの噂もあって信ぴょう性の高いリーク画像が出てきても良さそうだが・・・

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    iPhoneの噂・最新情報の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー