bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

MagSafe充電器、最小20W電源アダプタの利用推奨。磁力の影響は?

iPhone 12

MagSafe充電器、最小20W電源アダプタの利用推奨

10月23日(金)に発売される「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の発売を前に最大15W出力でワイヤレス充電が可能な「MagSafe充電器」が発売された。

マグネットを活用することでワイヤレス充電の弱点を解消した「MagSafe充電器」には電源アダプタが同梱されていないだけでなく最小出力20Wの電源アダプタの使用が推奨されている。

金属には強力に張り付くMagSafe充電器

MagSafe充電器

MagSafe充電器はマグネットを活用したQi対応のワイヤレス充電器

MagSafe機構を内蔵したiPhone 12シリーズでは最大15W出力のワイヤレス充電が可能。磁力によって正確な位置にiPhoneを置けるため、ワイヤレス充電器で発生する位置ズレによる充電効率の低下や充電失敗を気にする必要がない。

注意が必要なのはMagSafe充電器やiPhone 12シリーズに電源アダプタが同梱されていないこと。また、「MagSafe充電器」の安全性と取り扱いについて書かれた資料には推奨電源アダプタの仕様として最小電力出力が20Wと書かれている。

MagSafe充電器

iPhone 12シリーズの発売を機にiPhoneのパッケージには電源アダプタが付属されなくなった。また、これまでiPhoneのパッケージに20Wの電源アダプタが付属されたことはない。昨年発売されたiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxのパッケージに付属されていたのは18Wの電源アダプタでMagSafe充電器で利用するとパワー不足になる。

20W USB-C電源アダプタ」はApple公式サイトやApple Store等で2,200円で購入可能。現時点での配送予定日は10月21日となっている。

また、MagSafe充電器をiPhone 11 Proに近づけたところ電源アダプタに接続しなくてもわずかな磁力が働くことを確認した。ただ、iPhone 11 Proは金属のフレームをガラスで挟んでいるため磁力は強くないが金属むき出しの冷蔵庫には強力に張り付いた。

磁力の影響について気になるところだがApple公式サイトのチャットで問い合わせたところ検証機等が手元に届いていないため詳細は不明とのこと。クレジットカードなど磁力の影響で使えなくなる可能性のあるものはMagSafeに近づけない方が良いとのことだった。

MagSafe充電器、最小20W電源アダプタの利用推奨

なお、シールド機能によってクレジットカードなどを安全に収納できる「MagSafe付きレザーウォレット」ケースが7,480円で販売されているが、現時点で配送予定日は11月後半となっている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています