MagSafe充電対応のAppleロゴ搭載か。新型iPad Pro (2022)の噂

bio
Yusuke Sakakura

MagSafe充電対応のAppleロゴ搭載か。新型iPad Pro (2022)の噂

リモートワークやオンライン授業の増加に伴って業績を伸ばすiPad。Appleは2022年に最も手ごろな10.2インチのiPad、10.9インチxオールスクリーンのiPad Air、最高性能を誇るiPad Proの新型モデルを発売するようです。

このうちiPad Proの新型モデルはシリーズ初のワイヤレス充電に対応するために、背面の素材をガラスに変更することを計画していたようですが、最新のレポートによれば素材の変更は一部に限定されるかもしれません。

巨大な画面サイズのiPad Maxも開発中?

9to5MacがAppleのデザインプランに詳しい関係者から得た情報によると、ガラスバックのデザインは破損しやすく壊れやすいといった耐久性に関する懸念があり、一方で現行モデルに採用されているアルミニウムの背面は、MagSafe充電器との互換性を持たせることが難しいから、Appleは背面のロゴをMacBook Proのように巨大化させたiPad Proのプロトタイプを開発したそうです。

このプロトタイプでは、巨大化したガラス製のAppleロゴを通じてワイヤレスで電源の供給が可能。さらに磁石を活用したワイヤレス充電のMagSafe充電が利用できるとのこと。iPadのAppleロゴは背面の中央に配置されるため、充電およびMagSafeアクセサリ使用時のポジション的にも最適です。もちろんプロトタイプのため、製品版に採用されるかはわかりません。場合によっては、ワイヤレス充電対応が廃止になる可能性も考えられます。

Appleロゴによるワイヤレス充電だけでなく、新型iPad Proには、より大きなバッテリーやiPhone 13と同じカメラ、M2などのまったく新しいチップが搭載されるとのこと。

さらに、Appleは12.9インチよりも大きな画面サイズのiPadを開発しているそうです。巨大なディスプレイを搭載した新型iPadの存在はBloombergも報じていました。信憑性はそれほど高いもので張りませんが、画面サイズは15インチとの噂もあります。

9to5Macによれば、MacBook Proのようにノッチを採用した新型iPadも検討されているものの、この変更はあくまでも実験的なもので、今年発売されるiPadに採用される可能性は低いようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています