bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

mineo(マイネオ)、データ通信量の増量と専用アプリの提供を発表

格安SIM

マイネオ、データ通信量の増量と専用アプリの提供を発表

格安SIMや格安スマホを提供する「mineo(マイネオ)」が5月1日よりデータ通信量を増量し、6月1日からは新コースの追加と専用アプリを提供することを発表しました。

料金据え置きでデータ通信量が追加。500MBの新コースも提供

5月1日に行われるデータ通信量の増量では、料金そのままでデータ通信量が追加されます。対象となるのは2GBコースと4GBコースでぞれぞえ1GBのデータ通信量が追加されます。ただし、1GBコースは対象外。

また、6月1日にはデータ通信量が500MBの新コースが追加されます。料金は、データ専用プランの「シングルタイプ」が700円、音声通話にも対応する「デュアルタイプ」は1,310円になるとのこと。

500MB1GB2GB→3GB4GB→5GB
シングルタイプ700円850円980円1,580円
デュアルタイプ1,310円1,460円1,590円2,190円

データ容量の変更については提供前に申し込むことも可能で、4月25日までに変更すれば、5月1日より変更後のプランで利用できると案内されています。

6月1日専用アプリの「mineoスイッチ」が提供

新コースが追加される6月1日には、専用アプリの「mineoスイッチ」が提供されます。対応機種はAndroidとiOSで価格は無料。

マイネオ、データ通信量の増量と専用アプリの提供を発表

「mineoスイッチ」では、高速なデータ通信を利用できる基本データ容量の残量確認、当月の使用量の確認、高速データ通信のON/OFF機能などを利用することができるとのこと。

※高速データ通信をOFFにした場合は、通信速度が200kbpsに制限されます。

ドコモ系の格安SIMは、4月1日にデータ通信量の増量を実施

ドコモ系の格安SIMを提供する事業者の多くが4月1日にデータ通信量の増量または値下げを行いましたが、au系の格安SIMを提供するmineoは1ヶ月遅れての追従となるようです。


au系の格安SIMを提供する事業者としては、KDDIグループのKDDIバリューイネイブラーが展開する「UQ mobile」がありますが、データ通信量の増量や専用アプリの提供など、mineoを追従する動きがあるのか注目したいと思います。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Music

2018/09/22
miwaの全楽曲が「Apple Music」などで聴き放題に

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
写真・動画、ショートカットもカンタンに送れる「iCloudリンク」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表
Recommendこんな記事も読まれています