bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

格安SIM(MVNO)のシェアが初の1割突破。トップは楽天

携帯電話事業者から回線を借り入れて携帯電話・スマートフォン向けの通信サービスを提供する「MVNO」 のシェアが初めて1割を突破したことがMMD研究所の調査から明らかになった。

格安SIM

ワイモバイル抜きで格安SIMのシェアが初の1割突破

格安SIM(MVNO)のシェアが初の1割突破。トップは楽天

MMD研究所が15歳〜69歳の男女44,541人を対象に2018年2月に調査を実施し、「メインで利用している通信事業者」を聞いたところドコモが32.5%でトップ。次いでauの28.0%、ソフトバンクの22.1%となった。昨年、主要3キャリアはdocomo withやauピタットプラン/auフラットプランなど格安SIM/格安スマホ対抗策を発表したが昨年の85.7%から82.6%に3.1%ダウンする結果となった。

一方、MVNOは昨年の7.4%から10.1%まで2.7%アップ。自社で回線を持ちながら格安料金で提供するソフトバンクのサブブランド、ワイモバイルと合わせたシェアでは13.9%で昨年から3.1%アップとなった。

楽天がシェアトップ。増加率トップはUQ mobileに

格安SIM(MVNO)のシェアが初の1割突破。トップは楽天

「メインで利用している格安SIMサービス」(ワイモバイル除く)を聞いたところ楽天モバイルが22.2%でトップ。次いでmineoの14.3%、OCNモバイルの9.7%となった。なお、楽天モバイルのシェアに既に買収されたFREETELのシェア(4.0%)は入っていない。

前年からシェアを最も伸ばしたのはUQ mobileが+3.5%でトップ。次いで+2.6%のmineo、+2.2%の楽天モバイル、+2.0%のLINEモバイルとなっている。いずれもテレビCMを放送しており、認知度増がシェア拡大に繋がったものと予想される。一方でOCNモバイルONEやIIJmioなどがシェアを落としている。

iPhoneユーザーが大幅増

格安SIM(MVNO)のシェアが初の1割突破。トップは楽天

「メインで利用している格安SIMを挿しているデバイス」(ワイモバイル除く)を聞いたところ「Android」が54.5%でトップ、次いで「iPhone」の32.8%となった。昨年比でみるとAndroidは2.8%ダウン、iPhoneは7.9%アップとなった。UQ mobileや楽天モバイルが「iPhone SE」と「iPhone 6s」の取り扱いを開始したことがシェアに大きな影響を与えているようだ。

なお、ワイモバイルとUQ mobileは今年1月から「iPhone SE」の端末代金または実質支払額を大幅に値引きするキャンペーンを実施している。

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から

iPhoneの噂・最新情報

2018/05/25
新型iPhone、6.1インチ・有機ELのディスプレイパーツが流出!?

セール

2018/05/25
最大1,000円オフ、アプリ版ドラゴンクエストIV〜VIIIの3日限定セール開催中!

スマホアプリ

2018/05/25
少年ジャンプ+「HUNTER×HUNTER」50話を無料配信!
Recommendこんな記事も読まれています