bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone10周年モデルは「iPhone Edition」に?

iPhoneの噂・最新情報

iPhone10周年モデルの名前は「iPhone Edition」に?

Appleが日本時間9月13日に開催するスペシャルイベントでは次期iPhoneが発表される可能性が非常に高い。

初代iPhoneの発売から10周年となる今年は記念モデルを含む全3機種が発表される見込み。これまでの法則に従えば「iPhone 7s」となるが噂によれば「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone Edition」となるようだ。

初出時、iPhone EditionをiPhone 8 Editionと記述していましたが、「iPhone Edition」の誤りです。お詫びして訂正いたします。

Apple、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone Edition」を発表か

9to5Macがドイツ・ベルリンで開催されている世界最大のエレクトロニクスショー「IFA 2017」で多くのケースメーカーと接触、そのうち大手メーカー2社から次期iPhoneに関するいくつかの情報を得たと伝えている。

1つは次期iPhoneの名称。情報源は実際に次期iPhoneのパッケージを目にして「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone Edition」となることを確認したようだ。

1つのケースメーカーはこの情報をもとにSKU(在庫管理で用いる名前および型番)を更新し自社の商品パッケージの印刷まで進めているとのこと。もし間違っていれば印刷をやり直す必要があるため、よほどの信頼がないとできることではない。情報を提供した大手メーカーのアクセサリはApple Storeでも取り扱いがあることも情報の信ぴょう性を高めている。


iPhone Editionのワイヤレス充電はQi/PMAに対応?

同じ情報源によれば「iPhone Edition」は充電速度が抑えられるものの既存のQi規格を採用したワイヤレス充電器との互換性があるとのこと。つまり、MFi認証を取得していない製品も利用できるということだ。

スターバックスが提供するPMA規格のワイヤレス充電サービスにも対応する。スターバックスのワイヤレス充電サービスは2014年にサンフランシスコの約200店舗で開始。2015年にはイギリスでもスタートした。机に埋め込まれた充電器の上にワイヤレス充電対応のスマートフォンまたはiPhoneにアダプタを接続して机に置くだけで充電できるというものだ。残念ながら日本にはまだ上陸していない。

iPhone10周年モデルの名前は「iPhone Edition」に?

スターバックスのワイヤレス充電サービス

充電端子は将来的にUSB-Cへの移行は避けられないものの「iPhone 8」シリーズには引き続きLightningが搭載される。なお、iPhone 8のボディにはガラスパネルが採用されると噂されているがコーニング社の「Gorilla Glass 5」が採用されるようだ。この強化ガラスは1.6mの高さからアスファルトに落下させても約80%は無傷で済むほど落下に対して高い耐久性を誇る。


コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone XR

2018/12/18
Apple、iPhone XS・XR向けのバッテリー付きレザーケースを発売か

PayPay

2018/12/18
PayPay、クレジットカードの不正利用を対策。セキュリティコードの連続入力を制限

ソフトバンク

2018/12/18
「AQUOS Zero」の発売日は12月21日に。価格は実質4.9万円

au

2018/12/18
au、iPhone XR/XS/XS Maxを1万円割引〜旧iPhoneから機種変更で
Recommendこんな記事も読まれています