bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iPad Proの曲げ問題について紙4枚分未満は“許容”範囲と説明

iPad

Apple、iPad Proの曲げ問題について紙4枚分未満は許容範囲と説明

Photo by Aaron Yoo

1月6日、Appleが昨年発売した11インチと12.9インチの新しいiPad Proを曲がったまま出荷していた問題に関するサポートページを公開した。

iPad Proの曲げは「日常使う分には気づかない程度」

Appleはサポートページで新しいiPad Proのつくりと検査方法についてアナウンスしている。

400ミクロン以下、紙4枚の厚さ未満は許容

曲げ問題が多く見られるセルラーモデルについてはモバイルデータ通信を快適に利用できるように本体の側面に小さな帯状のライン(アンテナライン)が縦方向に入っており、このアンテナラインは、高温下でアルミニウムのボディにプラスチックを吹き付ける共射出成形と呼ばれる加工法で製造されていて、プラスチックが冷却されて固まったあとに全面を削ってプラスチックとアルミニウムが一体化したボディを作り上げているそうだ。

こういった加工技術によって新しいiPad Proはいっそう厳しい仕様条件にも対応して前世代のモデルよりもさらにフラットになったとのこと。また、このフラットネス(平面度)は、どの側面においてもその全長にわたって400ミクロン以下(紙4枚の厚さ未満)しか許容しないように検査しているとのこと。

Appleの許容をユーザーが許容するかは別問題

また、新しいiPad Proはエッジが直線になったことやアンテナラインの存在によって見る角度によっては平面度におけるわずかな差が目に見えることもあるが、日常使う分には気付かない程度で、わずかな偏差が筐体の強度や製品の機能に影響を及ぼすことはなく、通常使用の過程で悪化することもないとのこと。

その上でボディに問題がある場合―つまり、どの側面においてもその全長にわたって400ミクロン(紙4枚の厚さ未満)を超える曲げがある場合はAppleサポートに問い合わせてくださいとしており、Appleから直接購入した製品に関しては14日間の返品が可能、1年間の製品保証によって材質上および製造上の欠陥による損傷も保証の対象になるとアナウンスしている。

通常、こういった欠陥が見つかった場合は修理および交換プログラムを発表して無償で対応するが、今回はそういったプログラム立ち上げの発表はなく、Appleは曲げ問題を欠陥として認めていないということだ。Appleは400ミクロン以下―0.4ミリ以下の曲げは許容としているがユーザーが許容するかは別問題だろう。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2019/11/18
d払い、ついに「iD」対応。まずはAndroidから

Googleニュース

2019/11/18
Google Playが「PayPal」に対応。銀行口座からの支払いも

LINE

2019/11/18
速報:ヤフーとLINE、経営統合を正式発表

Kindleセール情報

2019/11/16
ブラックフライデー、Kindleストアで96円均一セールが開始
Recommendこんな記事も読まれています