PayPay、クレジットカードの不正利用を対策。セキュリティコードの連続入力を制限

Yusuke Sakakura

PayPay、クレジットカードの不正利用を対策。セキュリティコードの連続入力を制限

スマホ決済サービス「PayPay」は、専用アプリにおいてクレジットカード情報を入力する際、セキュリティコードの入力回数に制限を設けたと発表した。

12月4日〜14日まで開催された「100億円あげちゃうキャンペーン」後、PayPayを利用したクレジットカードの不正利用が多数報告されていた。

クレジットカードの不正利用に対策

PayPayを使ったクレジットカードの不正利用は、既に漏れていたクレジットカードの番号をPayPayのアプリ上で登録したことが原因と見られている。

通常、クレジットカードを登録・利用する際はカードの裏面にプリントされた3桁のセキュリティコードが必要になるが、PayPayではセキュリティコードの入力回数に制限を設けていなかったため、000〜999までを総当たりで入力してPayPayに登録され、店頭で不正利用された可能性がある。

今回のアップデートによってセキュリティコードの入力回数に制限が設けられたのことだが、制限回数は明示されておらず、記事執筆時点で30回以上入力をミスしても制限はかからなかった。なお、アップデート以前のアプリでは制限がかけられていないが、本日以降は旧バージョンのアプリは起動できないように制限がかけられている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Googleニュース

2021/05/07
新着記事
Google、まもなく2段階認証の自動有効化を開始

Twitter

2021/05/07
Twitter、投げ銭機能「Tip Jar」を発表。お気に入りのアカウントに送金可能に

AirTag

2021/05/06
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?
Recommendこんな記事も読まれています