bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

PayPay、不正利用対策で本人認証に対応。認証後は利用制限を大幅緩和

キャッシュレス

PayPay、不正利用対策で本人認証に対応。認証後は利用制限を大幅緩和

1月21日、QRコードを利用したスマホ決済サービス「PayPay」の最新アプリがApp StoreとGoogle Playストアで公開された。

今回のバージョンでは事前に予告があった本人認証「3Dセキュア」に対応。使いたいお店をリクエストできる機能も追加された。

バージョン1.7.0のアップデート内容

  • より安全にご利用いただくため、クレジットカードの3Dセキュア(本人認証サービス)、送金(譲渡)する際の生体認証・パスコード確認などを追加しました。
  • クレジットカードの3Dセキュア(本人認証サービス)を追加しました。
  • 生体認証・パスコード認証機能が送金(譲渡)時にも使えるようになりました。
  • 使いたいお店をリクエストできる機能を追加しました。
  • その他、軽微なUI・不具合の修正を行いました。

「3Dセキュア」とは?

昨年12月、PayPayを介したクレジットカードの不正利用が複数のユーザーから報告された。不正利用はクレジットカードの情報を連続的に入力できるアプリの仕様に問題があると指摘されていたが、PayPayの調査結果ではセキュリティコードを20回以上入力して不正登録に至った件数はサービス開始以来13件であり、そのうち9件は本人が利用していることが確認されていた。

では、なぜPayPayを介してクレジットカードが不正利用をされたのか。PayPayはクレジットカード情報の連続入力ではなく、悪意ある第3者が外部で入手したセキュリティコードを含むクレジットカード情報が利用した可能性が高いと判断。それを理由に本人認証「3Dセキュア」を導入すると発表した。

3Dセキュアとは、カード発行会社に事前登録したパスワードを入力することで本人認証を行って不正利用を防ぐというものだ。これによって本人以外がPayPayに登録したクレジットカードを使って不正利用することは以前よりも難しくなる。

3Dセキュア対応までクレカ決済に上限を設定

PayPayは3Dセキュアの導入発表と共にアプリの対応が完了するまでクレジットカードの利用額に制限を設けると発表していた。その制限は過去30日間で5万円、過去24時間で2万円の上限を設定するというもの。

3Dセキュアの対応完了後は過去30日間の上限額が25万円に緩和され、過去24時間の上限は適用されなくなる。なお、上限を超えてしまった場合は「現在ご利用を制限しております」といったエラーメッセージが表示される。

本人認証の方法は以下のページで詳しく解説している。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2019/11/12
新型iPad Pro、発売日は2020年前半か

Apple Watch

2019/11/12
Apple Watch Series 6、より高速かつ高い耐水性能を実現か

Pixelの噂・最新情報

2019/11/11
Pixel 4、最新版にアップデートできないと多数報告される

Android

2019/11/11
「Google Play ベストオブ 2019」のノミネートアプリが発表
Recommendこんな記事も読まれています