bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

QRコード決済のトップは「楽天ペイ」〜100億還元のPayPayは圏外→2位に

PayPay

QRコード決済のシェア1位は「楽天ペイ」〜100億還元のPayPayは圏外→2位に

MMD研究所が「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」を実施し、調査結果を発表した。

昨年10月31日から11月1日実施されたスマホ決済の調査に続いて「楽天ペイ」が利用1位になり、圏外だった「PayPay」は大きく注目を集めた100億円あげちゃうキャンペーンによって圏外から2位にジャンプアップしている。

QRコード決済を利用する理由は”ポイントがたくさん貯まるから”

2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」の調査期間は2019年1月8日〜1月10日。スマートフォンを所有する20歳〜69歳の男女887人を対象に調査された。

QRコード決済の利用状況

QRコード決済サービスの利用状況にて“現在利用している”と答えたのは「楽天ペイ」が9.4%でトップ。昨年12月に100億円を還元する大規模なキャンペーンを実施した「PayPay」は8.1%で2位、昨年末と先月末に20%還元キャンペーンを実施した「LINE Pay」が7.9%、ドコモが昨年サービスを開始した「d払い」が6.9%で続いている。

なお、“利用したことはあるが、現在は利用していない”、“利用を検討している”まで含めた場合は、21.9%でPayPayがトップになる。また男女比では利用率・経験・検討で男性が女性を上回る傾向が確認できる。

QRコード決済サービスの利用状況

QRコード決済を利用しない理由は“クレカで十分”が最多

「QRコード決済を利用する理由」については、“ポイントがたくさん貯まるから”、“会計がスピーディーに終わるから”、“キャンペーンを知って興味を持ったから”が多かった。PayPayでは2月12日から第2弾となる100億円キャンペーンを開始することでさらに利用率を伸ばすことになりそうだ。

一方、「QRコード決済を利用しない理由」については、“クレジットカードで十分だから”が43.1%で最多。“現金で十分だから”、“個人情報や決済情報が漏洩しないか不安だから”、“お金を使いすぎてしまいそうだから”と答えた人も多かったようだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2019/06/24
セブンイレブンで20%還元、LINE Pay/メルペイ/PayPayの合同キャンペーン

キャッシュレス

2019/06/24
20%還元、d払いで大規模キャンペーン開始。7月1日から

au

2019/06/22
au、のりかえで「iPhone 8」シリーズを購入すると1万円値下げ

Apple Music

2019/06/22
WANIMAがサブスク解禁、新曲「夏のどこかへ」など全曲聴き放題に
Recommendこんな記事も読まれています