Siriも新元号「令和」に対応

Yusuke Sakakura

Siriも新元号「令和」に対応

昨日発表された新元号「令和」。改元日となる2019年5月1日までに各社は新元号に対応することになる。

Googleアシスタントは新元号の発表からわずか10分足らずで対応していたが、Appleの音声アシスタント「Siri」も2日朝に対応したようだ。

「Hey Siri 新元号は?」

iPhoneに向かって“Hey Siri 新元号は?”と聞くと「新しい元号は、“令和”と発表されました。詳細については日本政府のホームページ等でご確認ください。」と返してくれる。対応する前は「新しい元号については、日本政府のホームページ等でご確認ください。」とそっけない返事だった。

なお、iPhoneは設定を変えることでカレンダーやメモ、写真などで表示される年数を和暦で表示することも可能だが、現時点では「平成31年5月1日」などと表示されてしまう。

マイナビニュースによれば、iOSの和暦/元号のデータは日付/カレンダー関連のフレームワーク「NSCalendar」で管理されているようだ。そのため、Siriはサーバー側のアップデートで令和に対応できたが、iOSが対応するにはシステムアップデートなどを通じて和暦/元号のデータを改修する必要がある。

現在、Appleは開発者向けに「iOS 12.3」のベータ1版またはパブリックベータ1版を提供しているが、新元号に対応するマイナーアップデートとして5月1日までに「iOS 12.2.X」が提供される可能性もありそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Apple Watch

2021/05/08
新着記事
Apple Watchに血糖値測定アプリ入れてる?Appleが調査。次期モデルに搭載の噂

Googleニュース

2021/05/07
Google、まもなく2段階認証の自動有効化を開始

Twitter

2021/05/07
Twitter、投げ銭機能「Tip Jar」を発表。お気に入りのアカウントに送金可能に

AirTag

2021/05/06
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明
Recommendこんな記事も読まれています