iOS 15の新機能:iPhone買い替え時ならiCloudが容量不足でもバックアップ可能に

bio
Yusuke Sakakura

iOS 15の新機能:iPhone買い替え時ならiCloudが容量不足でもバックアップ可能に

今年秋に正式配信される「iOS 15」「iPadOS 15」以降のバージョンにてiCloudの容量が不足している場合でも一時的に容量を増やすことで、iCloudバックアップを利用して、これまで使っていたiPhone/iPadから購入したばかりの新しいiPhone/iPadにデータを転送できることが明らかになった。

iPhone買い替え時は最大3週間・無料で不足分を付与

Appleが公開したiOS 15およびiPadOSのプレビューページにてセットアップ体験の変更が発表されている。

変更内容は新しいデバイスを購入したときにiCloudの容量が足りなくても、iCloudバックアップを使って新しいデバイスにデータを転送できるようになるというもの。

これまで使っていたiPhoneのデータをiCloudにバックアップするために必要な容量を最大3週間、無料で付与することで実現する。

Now when you buy a new device you can use iCloud Backup to move your data to your new device, even if you’re low on storage. iCloud will grant you as much storage as you need to complete a temporary backup, free of charge, for up to three weeks. This allows you to get all your apps, data, and settings onto your device automatically.

iCloudを無料で利用する場合、容量が5GBしかないためiCloudにバックアップするための容量が足りず、データを消したりパソコンを引っ張り出してiTunesバックアップを使ったという人も多かったと思うが、今後はそういった心配がなくなる。

なお、Appleは月額130円/50GBから利用できるiCloudの有料サブスクリプションサービスの加入者に対して料金据え置きで「iCloud+」を提供すると発表した。iCloud+にはVPNのような強力なプライバシー保護機能やランダムな使い捨てのメールアドレスなどが含まれる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています