Twitterで「API呼び出しの回数制限を超えました」エラーが発生中

bio
Yusuke Sakakura公開日:2023/02/09 15:47

Twitterで「API呼び出しの回数制限を超えました」エラーが発生中

2月9日未明にTwitterでツイートが一切できなくなる不具合が発生(解消済み)した後、今度は「API呼び出しの回数制限を超えました」といったエラーが表示される不具合が発生しています。

負荷軽減のために「リミット」引き下げ中?

2月9日朝から現在にかけてTwitter公式アプリの通知タブに「API呼び出しの回数制限を超えました」「しばらくしてからやり直してください」と表示されるエラーが発生しています。

このエラーが発生すると通知をタップしてもツイートを確認できなくなってしまうことから多くのユーザーがストレスを抱えています。

Twitterにはシステムへの負荷を軽減してサービスの提供を継続するためにリミットが設けられています。

リミットはツイートやダイレクトメッセージの1日あたりの投稿数、メールアドレスの変更、1日あたりおよびアカウントベースのフォロー件数など細かく設けられており、利用が集中する時間帯にリミットを一時的に引き下げる場合があるとも案内されています。

今回のエラーは、このリミットに関連するものでTwitterがリミットを一時的に引き下げてる可能性があります。それにしては長時間に及んでいることから不具合やリミットの引き下げに関するテストを行なっている可能性も考えられます。

  • ダイレクトメッセージ(1日)
    • 1日に送信できるメッセージは500件まで
  • ツイート
    • 1日あたり2,400件が上限。30分単位のリミットに分けられ、リツイートもツイートとしてカウント対象。
  • アカウントの登録メールアドレスの変更
    • 1時間に4回まで
  • フォロー(1日)
    • 1日あたり400件まで。別に過剰なフォロー行為を禁止するルールあり
  • フォロー(アカウントベース)
    • 1つのアカウントでフォローしているアカウント数が5,000件に到達して、さらにフォローを試みた場合、そのアカウントに応じた特定の比率で制限
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています