bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Uber Eats、2つの手数料を追加。10%のサービス料と150円の少額手数料

スマホアプリ

Uber Eats、2つの手数料を追加。10%のサービス料と150円の少額手数料

Uber Eatsが手数料の仕組みを変更し、新たに「サービス料」と「少額注文における手数料」を追加したと発表した。

これまでは配送手数料のみだったが、新たに2つの手数料を支払う必要がある。

2つの新しい手数料が追加

Uber Eatsは、新しい手数料の発表に伴い、注文の品をより迅速かつ確実にお届けするため、3種類の手数料を設定していると案内。

今回の改定で届け先の住所や配達可能な付近のパートナーの数によって変動する「配送手数料」は値下げされ、最低手数料が160円から50円になった。

一方、新たに設定された「サービス料」では、注文額の10%が追加され、さらに注文額が700円未満の場合は「少額注文における手数料」によって150円を支払う必要がある。

値上げか値下げか一概には言えないが、例えば、420円分を注文した場合は、150円の「少額注文における手数料」、42円の「サービス料」、150円の「配送手数料」が追加された合計762円(4割以上が手数料)を支払う必要があり、改定前に比べて300円近い値上げになっている。

Uber Eats、新たにサービス料を追加。700円未満の注文は+150円に

少額の注文では値上げになるが、注文額が700円以上であれば、配達手数料の値下げ分によって安くなり、逆に注文額が1,000円を超えると配送手数料の値下げ幅を超えるため、値上げになる場合もあるようだ。

ちなみに、海外のUber Eatsでは先行的に同様に手数料が改変されていて、サービス料は日本よりも高い15%に設定されている。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2020/06/04
楽天モバイル、Pixel 4を楽天回線対応製品に追加

セール

2020/06/04
20%オフ、フリスクサイズで45W出力のUSB-PD充電器「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」

iPadの噂・最新情報

2020/06/04
5G対応のiPad Pro、発売時期は2021年前半か

iOS

2020/06/03
iOS 14、ようやくSafariに翻訳機能を搭載か
Recommendこんな記事も読まれています