シャオミ、米国で投資禁止対象に。GMS等には影響なし

Yusuke Sakakura

シャオミ、米国で投資禁止対象に。GMS等には影響なし

米国防総省が米国からの投資禁止の対象となる中国軍関連企業に世界3位のシェアを持つスマートフォン製造大手のXiaomi(シャオミ)を追加したと発表した。

大統領選挙で落選したトランプ大統領が政権交代を前にシャオミなど複数の中国企業をブラックリストに追加することで、中国に対する強硬姿勢を改めて強めた形だ。

消費者に対する影響は限定的

シャオミがブラックリストに追加されたことで米国の個人や企業が投資することを禁じられた。ニューヨーク証券取引所はブラックリストに追加された企業を上場廃止にしている。

今回のブラックリストとファーウェイが追加された商務省のエンティティリストとは大きく異なる。シャオミの株価が下落することが予想されるが、現時点では消費者にとって大きな打撃はなさそうだ。

ファーウェイのように商務省のエンティティリストに追加されると、禁輸措置によって特定の日付以降に発売されたAndroidスマートフォン/タブレットにGoogle PlayやGmail、YouTubeなどのアプリ、APIをまとめたGoogleモバイルサービスを搭載できなくなるため大きな打撃を受ける。

ファーウェイと違ってシャオミはチップセットを自社開発していないため、エンティティリストに追加されると米QualcommのSnapdragonシリーズを搭載できなくなるなど壊滅的な打撃が影響されるが、少なくとも現時点ではそこまで至っていない。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています