Appleを皮肉ったシャオミ、Mi 11で充電器の同梱廃止を明言

bio
Yusuke Sakakura

Appleを皮肉ったシャオミ、Mi 11で充電器の同梱廃止を明言

Appleが環境保護に繋げるため、iPhoneのパッケージに電源アダプタ/充電器と有線イヤホンを同梱することをやめた。

このアクションに対してサムスンは「Galaxyはあなたが欲しいものを提供します。最も基本的な充電器から最高のカメラ、バッテリー、パフォーマンス、メモリー、そして120Hzスクリーンまで」と反応。シャオミも「心配しないで。すべての同梱をやめないよ」というメッセージと共に箱のなかに充電器が入っている動画を投稿してAppleを皮肉った。

両社がAppleのアクションを皮肉ってから数ヶ月しか経過していないが、両社が今後数週間中に発表する新型スマートフォンGalaxy S21シリーズとMi 11のパッケージには充電器が同梱されないようだ。

早くも方針一転

シャオミCEOのLei JunがWeiboで、環境保護の観点から充電器の同梱を廃止すると明言した。今はほとんどの人が充電器を持っている状態でパッケージに同梱する必要がなく、充電金の同梱は環境への負担にもなるとのこと。

充電器の同梱廃止は環境保護以外のメリットもある。同梱を廃止することでパッケージを小型化することが可能になり、出荷効率の改善、配送コストの削減、利益率の向上にも繋がる。

AppleがiPhone 7シリーズでイヤホン端子を廃止した時もサムスンなどは皮肉ったが、結局は同じ道をたどった。充電器の同梱廃止も同じような流れになるのではないだろうか。2021年はスマートフォンやタブレットのパッケージから充電器が姿を消すことになりそうだ。

シャオミは明日28日に正式発表する新型スマートフォンMi 11シリーズから充電器の同梱廃止を始める。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています