bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「Xperia 5 II」フォトレビュー

Xperiaの噂・最新情報

「Xperia 5 II」フォトレビュー

ソニーモバイルのコンパクトフラグシップモデル「Xperia 5 II」(エクスペリアファイブマークツー)がauとソフトバンクから10月に発売、ドコモから11月12日に発売される。

片手に収まる“ハンドフィットサイズ”ながらXperia 1 IIと同じ性能、同じ容量のバッテリーを備え、リフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイを搭載する「Xperia 5 II」をフォトレビューする。

会場の照明等によって実際の見た目(色合い)とは異なる場合があります。

片手に収まるフラグシップ5Gスマートフォン

auからはブルー、ブラック、グレー、ピンクの全4色が販売される。ブルーは鮮やかな色ではなくかなり黒寄りの青でブルーというよりもネイビーの方が正しい。グレーとピンクは優しく落ち着いた色合いで学生からシニアまで幅広い年代が好みそうなカラーだ。

「Xperia 5 II」フォトレビュー

「Xperia 5 II」フォトレビュー

ピンク

「Xperia 5 II」フォトレビュー

グレー

「Xperia 5 II」フォトレビュー

ブルー

「Xperia 5 II」フォトレビュー

ブラック

「Xperia 5 II」フォトレビュー

「Xperia 5 II」フォトレビュー

ドコモからはオンラインショップ限定カラーとしてパープルが発売される。Xperiaシリーズの象徴的なカラーで購入した機種代金の1%相当は新型コロナウイルス感染症対応や、いのちを救うさまざまな活動を行う日本赤十字社の活動資金として寄付される。

パープルを撮影すると青みが強く出て正確に再現するのは非常に難しが実際はそれほど青は強くないシックな紫という感じ。

「Xperia 5 II」フォトレビュー

ドコモは独自カラーを含む5色を発売

「Xperia 5 II」フォトレビュー

パープル

画面は映画とほぼ同じ比率の縦横比21:9のシネマワイドディスプレイを採用。6.1インチの大画面ながら横幅は68mmで片手でしっかり握れる“ハンドフィットサイズ”が実現されていたが、縦は158mmと長いため片手でストレスなく操作できるというわけでもなかった(片手で操作したい場合は画面を縮小表示する片手モードが利用できる)

「Xperia 5 II」フォトレビュー

ディスプレイの解像度は4K対応のXperia 1 IIに対して画面サイズの小さい「Xperia 5 II」はフルHD+だが、リフレッシュレートはXperia 1 IIの倍となる120Hzのため、画面を上下にスクロールしたり対応したゲームをプレイしたり動画視聴時には映像がなめらかに表示される。

リフレッシュレートは設定画面から変更が可能だった。高リフレッシュレートは消費電力が上がってしまうため電池を節約したいときはオフにすることもできる。なお、バッテリー容量は4,000mAh。ワイヤレス充電には対応しない。

さらに、ゲーム用途として240Hzの残像低減にも対応。映像が切り替わる間に1枚の黒映像を差し込むことでリフレッシュレート240Hzと同等の視覚効果が得られる。同じくゲーム向けの機能として複雑な指の動きにもしっかりと反応する最大240Hzのタッチ検出をサポート。トップのイヤホン端子を利用することで音の遅延もないため快適にゲームをプレイできる。

「Xperia 5 II」フォトレビュー

右の側面には音量調節ボタン、電源ボタン、カメラアプリの起動とシャッターを切れるボタンのほかに、Googleアシスタント専用ボタンが新たに追加されていた。ボタンはそれなりに間隔が空いているため押し間違えることは少ないはず。

「Xperia 5 II」フォトレビュー

バックには高評価のZEISSレンズを3つ備えたトリプルカメラが搭載されている。被写体までの距離を測ってオートフォーカスの精度を高める3D iToFセンサーはない。その他はXperia 1 IIと同じ。

「Xperia 5 II」フォトレビュー

「Xperia 5 II」フォトレビュー

カメラの突起は控えめ

露出やシャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスを調節したり、画質の劣化を最小限に抑えて加工ができるRAW撮影も可能な写真アプリ「Photography Proも」インストールされている。

「Xperia 5 II」フォトレビュー

「Xperia 5 II」は超高速通信の5Gにも対応している。会場のGINZA 456で通信速度を計測したところ受信時の速度は150Mbps近いスピードを記録した。帯域が混んでいたのかアンテナが5G表示でも実際には4Gに接続していたのか理由は不明だが5Gスマートフォンに買い替えたからといっていつでも倍以上または桁違いの速度が出るわけではない。

「Xperia 5 II」フォトレビュー

Xperia 5 IIの販売価格

docomoauSoftBank
端末価格2,750円 x 36回
(99,000円)
2,775円 x 23回
(109,425円)
2,400円 x 48回
(115,200円)
負担金2,750円 x 24回
(66,000円)
2,775円 x 23回
(63,825円)
2,400円 x 24回
(57,600円)

スマホおかえしプログラム」に加入して24回支払いしたあと、機種を返却した場合の負担金です

かえトクプログラム」に加入して25ヵ月目までに新機種に買い替えて機種を返却した場合の負担金です

トクするサポート+」に加入して25ヶ月目に指定機種の購入および端末を返却した場合の負担金です

オンラインショップで購入

docomo

au

SoftBank

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEの使い方

2020/11/25
iPhone版LINEでフォント変更が可能に〜変更方法を解説

HomePod

2020/11/25
「HomePod」で家電を操作する方法

iPadの噂・最新情報

2020/11/24
新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

iOS 14

2020/11/24
Googleカレンダー、iOS 14のウィジェットに対応
Recommendこんな記事も読まれています