bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 三洋電機の携帯電話事業は500億で京セラに売却。
  • 去年の10月に「三洋電機が携帯電話事業から撤退」とお伝えしましたが、ついに京セラへの三洋電機の携帯電話事業売却が決定しました。

    ちなみに、売却額は約500億円となり、2008年4月1日付けで三洋電機が携帯電話事業を会社分割し、京セラが吸収するという形になります。

    500億円・・・。

    三洋電機が京セラに売却するのは、鳥取三洋電機を除く携帯電話端末、PHS端末、PHS基地局、WiMAX基地局などの携帯電話・PHS事業。ちなみに三洋が売却するこれらの携帯電話・PHS事業の2007年3月期の売上高は2773億円。全社売上高の12.5%を占めていましたが、同期は営業赤字でした。

    ちなみに、鳥取三洋が製作してきた端末と言えば「INFOBAR」「INFOBAR2」「taldy」などですがやっぱり機種が少ないですよね。何年かに1回という販売ペースです。

    ・・・auの2008年春モデルと噂される「W62SA」が三洋電機最後の端末になりそうですね。W62SAは鳥取三洋電機から発売されるようなので三洋電機最後の端末は「W61SA」のようです。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー