bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • DoCoMo、従来より2倍以上の出力を実現した燃料電池
  • DoCoMoとアクアフェアリーは携帯電話用では世界最小となるPEFC型燃料電池の基礎検討を実施し、充電器としての動作検証に成功すると共に、実用化のための共同開発を行うことに合意しました。

    2005年7月にDoCoMoは富士通研究所とクレードル型燃料電池を開発したが、今回、水素を燃料とするPEFC方式の燃料電池をアクアフェアリーとともに試作。富士通研究所と開発したメタノール型試作品と比較すると、出力は2倍以上でサイズは1/4となっている。今回の試作品は、ACアダプタと同程度の時間でFOMA端末を急速充電することが可能。

    試作品は7月19日~21日に開催される「ワイヤレスジャパン2006」のドコモブースで展示される。

    ナンバーポータビリティまでに実用化されていれば・・・
    もし、燃料電池の実用化がナンバーポータビリティまでに間に合っていればDoCoMoはナンバーポータビリティにおいてかなりの成功を収めていたかもしれません。

    というのも・・・FOMAを避けている人の大半は
    ・電池持ちが悪い。
    ・キーレスポンスが悪い
    以上の2つが理由です。

    燃料電池が実用化されれば従来の3倍電池が長持ちされると言われています。現状の3倍も電池が持てば十分でしょう。

    なので、ナンバーポータビリティまでに燃料電池の実用化が間に合っていればDoCoMoは成功を収めていたかもしれません^^
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー