bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • AppleがGoogleVoiceの認証拒否についてFCCに虚偽報告?
  • AppleがGoogleVoiceについてFCCに虚偽報告?
    AppleとAT&TがFCCからの質問状への回答を公開しました。

    これまではGoogleVoiceのAppStore認証拒否を行ったのはAppleではなく、AT&Tではないかと見られていましたが、AT&Tの回答の内容はGoogleVoiceの認証拒否には一切関与していないというものでした。

    GoogleVoiceについては調査中と発表。

    Apple,FCCに対し虚偽説明か – Windowsコラム:ITpro

    答えになっていないAppleの回答。
    FCCが2社に寄せた質問状の内容はGoogleVoiceを排除したのはどちらの会社なのかというものではなく、GoogleVoiceを認証しなかった理由でした。

    FCCがAppleに送った書簡には次のような具体的な質問がある。「AppleがiPhone向けのGoogle Voiceアプリケーションを排除し,関連するサードパーティ製アプリケーションをApp Storeから削除した理由は何か?」。
    情報元:Apple,FCCに対し虚偽説明か – Windowsコラム:ITpro



    しかし、質問状に対するAppleの回答はGoogleVoiceを排除した事実は無いというもののみ。

    GoogleVoiceを理解していないApple
    排除した理由はないと回答したにも関わらずAppleの回答にはGoogleVoiceがiPhoneに及ぼす悪影響も記載されています。

    例えば、GoogleVoiceはiPhoneの中核機能を置き換え、iPhoneの使い勝手や機能を様変わりさせてしまうというもの。
    しかし、GoogleVoiceで使えるSMSやボイスメールなどはiPhoneでプリセットされているアプリケーションと共存することができ、中核機能を置き換えるものではありません。

    AppStoreの承認権はAT&Tには存在しない。
    さらにFCCが関心を寄せているのはGoogleVoiceの承認拒否にあたってAppleとAT&Tの間に共謀があったかどうか。

    これに関してはAppleはGoogleVoiceの承認問題にAT&Tは一切関与しておらず、AT&TもAppStoreとは無関係としています。

    つまり、AppStoreで配布するアプリの承認権はAT&Tには一切存在せず、GoogleVoiceを拒否した事実があるとするならばAppleがGoogleVoiceの承認を拒否したという事になります。

    矛盾が存在するAppleの回答内容
    GoogleVoiceについてまだ調査中とし、AppStoreに認証する可能性はあると言っているにも関わらず、認証しなかった理由の様なものを記載するなどAppleの回答内容には矛盾が存在します。

    さらに、GoogleがGoogleVoiceのAppStoreへの認証を拒否されたと事実があったと発表し、AT&TがAppStoreの承認権を一切持っていないのであれば確実にAppleが認証を拒否しているはずなのに調査中というのはおかしい・・・。

    今後GoogleVoiceがAppStoreに登場するかは微妙な所ですね。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー