2014-08-11 12:28:58
  • トップページ
  • スマホのオススメ周辺機器とアクセサリ
  • iPhoneの保護フィルムや保護ガラスを選ぶ時に気をつけること5つ!
  • iPhoneの保護フィルムや保護ガラスを選ぶ時に気をつけるべきこと5つ!
    スマートフォンのディスプレイをキズや画面割れから守るのにかかせないのが保護フィルムや保護ガラスです。

    画面が割れやすいiPhoneにとっては特に大事なもの。保証サービスの「Apple Care+」に入っていても画面割れの場合、7800円も取られることを考えれば、保護フィルムや保護ガラスに多少のお金をかけてもおかしくはないでしょう。

    ということで、今回はiPhoneの保護フィルムや保護ガラスを選ぶ時に気をつけるべき5つのことを紹介します!

    1.保護フィルムよりも保護ガラスを選ぶべき!

    最初から言ってしまいますが、保護フィルムよりも保護ガラスを選びましょう。


    保護フィルムを購入する人の中には、ディスプレイに付く指紋が気になるという理由の人が大多数いるかと思いますが、アンチグレアの保護フィルムでない限り指紋の付きにくさはほとんどかわりません。

    また、アンチグレアの保護フィルムには、フィルムの表面に”ザラザラ”が付いていて、これのおかげで指紋が目立ちにくく、太陽光も反射しにくくなっているんですが、この”ザラザラ”が取れてしまって、数ヶ月経つと普通の保護フィルムとほとんどかわらなくなってしまいます。

    さらに、この”ザラザラ”によってキレイに映るRetinaディスプレイも汚く見えてしまいます。

    その点、保護ガラスは透過性の高いガラスなので保護フィルムを付けていない状態と同じぐらいキレイに映ります。ただ、ガラスということで指紋が気になるところですが、対指紋性のものを選べば指紋もほとんど気になりません。

    また、強度の高い保護ガラスであれば、非常に割れやすいiPhoneの画面も守ってくれるので一石二鳥でしょう。

    2.ガラスの硬度に騙されてはいけない!

    保護ガラスを選ぶ時に重要なのがガラスの硬さです。

    パッケージに「9H」などと書かれているのがそれです。


    ただ、騙されていけないのはこの硬度はあくまでも鉛筆硬度というもので、ガラスを鉛筆で引っ掻いた時にキズがつきにくいかどうかを示しています。ガラスの割れにくさを示しているわけではないので注意しましょう。

    ガラスの割れにくさを示すわけでもなく、鉛筆で引っ掻いた時の硬度を示されても・・・って気がしますよね・・・。なので、硬度についてはあまり気にしなくてOKです。

    ほとんどの保護ガラスは「9H」となっていますし、「8H」になったところでそこまで変わりはありません。

    ちなみに、鉛筆と9Hでピンと来た人もいるかと思いますが、鉛筆に刻まれている「HB」とか「3B」といったあれと同じです。つまり、9Hの場合、9Hの鉛筆で引っ掻いてもキズが付かないというわけです。

    3.ガラスの薄さを気にせよ!

    保護ガラスを選ぶ際に重要なのはガラスの薄さです。


    厚すぎると指でディスプレイを操作する時に違和感がありますし、ガラスの厚さでホームボタンが押しづらくなります。

    ただ、ガラスが薄いと今度は割れやすくなるので注意しましょう。

    厚さの目安としては、0.2mm台のものは薄い部類に、0.3mm台のものは厚い部類に入るかと思います。

    4.指紋認証がしやすいラウンドエッジがオススメ!

    保護ガラスが厚くなるとホームボタンが押しにくくなると書きましたが、それを解消してくれるのがラウンドエッジ加工です。

    ラウンドエッジ加工のものは、ホームボタン周りだけガラスが薄く加工されているのでホームボタンが押しやすく、指紋認証の際に違和感もなくなるのでオススメ。


    ただ、ラウンドエッジといってもガラスの縁の部分だけが薄く加工されていて、ホームボタン周りはそのままになっている保護ガラスもあるので製品の画像やレビューをよく見て購入することをオススメします。

    5.保護ガラスが貼りやすいというのはウソ!

    よく保護ガラスは貼りやすいよ!オススメだよ!って言われていますが、実はそうでもないです。


    保護ガラスが貼りやすいと言われている理由として気泡が入らないことがよく挙げられていますが、最近の保護フィルムは貼った時に気泡が入っても自然と抜けていくものが多くあるので保護ガラスとあまり代わりはありません。

    逆に透明度の高い保護ガラスは、小さなホコリやチリみたいなものでもハッキリと目でわかるので一概に保護ガラスが貼りやすいとは言えません。

    なので、できるならヨドバシカメラやビックカメラなど保護ガラスの貼り付け代行サービスを行っている家電量販店で貼ってもらうのがオススメです。

    ビックカメラとヨドバシカメラで貼り付け代行サービスを受けたことがありますが、サービスを受ける時に購入時のレシートなどは必要なかったと思うので、Amazonなど別の店舗で購入した保護ガラスを持ち込んでも貼ってくれると思います。気になる方は店舗に事前確認すると良いでしょう。

    オススメのiPhone向け保護ガラスはこれだ!

    ▼2014年8月11日現在、タイムセール中の商品!ホームボタン周りにラウンドエッジ加工がされています。厚さの記載はありませんが、980円とかなり安いのでお試しに持ってこいだと思います!

    ▼レビュー数は70を超えていますが星4つの人気商品。薄さ0.2mmでラウンドエッジ加工もされています!

    ▼レビュー数50件超えで星4.5!価格は1700円で結構安めの保護ガラスです。厚さ0.2mmでラウンドエッジ加工済み!日本産というのも安心できますね!

    ▼レビュー数190件超えで星4.5!厚さ0.3mmでラウンドエッジ加工されています!価格も1300円で安い!

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!
    1件のコメント

      コメントを残す

      (任意)
      (任意)

      スマホのオススメ周辺機器とアクセサリの人気エントリー
      本日の人気エントリー
      今週の人気エントリー