2014-10-21 08:00:00
  • トップページ
  • iOS8の新機能と使い方
  • [iOS 8.1の新機能]iPhoneいらず!MacからSMSを送信する方法と設定方法
  • [iOS 8.1の新機能]MacからSMSを送信する方法と設定方法
    iOS 8.1にて、OS X YosemiteをインストールしたMacからiPhoneの電話番号を使ってSMSを送信することが可能になりました!

    今回はその設定方法と使い方を紹介したいと思います!

    MacからSMS/MMSを送信する場合の設定方法

    MacからSMSを送信するには、SMSを利用できるiPhoneにて設定アプリを起動して「メッセージ」を選択してから「iMessge」のスイッチをオンにします。

    ホームボタンを2回タップして設定アプリを一度終了してから再度、設定アプリを起動して「メッセージ」を選択します。

    すると、「メッセージ転送」の項目が表示されるので、これをタップしてからSMSを送信したいMacのスイッチをオンにしましょう。

    iPhoneにて認証コードの入力が求められるので、Macのメッセージアプリを起動して表示される認証コードを確認します。


    認証コードをiPhoneにて入力して「許可」をタップします。


    これで設定は完了です。

    MacからSMS/MMSを送信する方法

    MacからSMS/MMSを送信するには、メッセージアプリを起動して左上のペンのアイコンをクリックします。


    次に宛先に電話番号を入力するか+アイコンをクリックして連絡先からSMS/MMSを送りたい宛先を選びます。


    あとはそのままメッセージを入力するだけです!


    MacでSMSが受信できることで2段階認証がより便利に!

    TwitterやDropbox、Googleアカウント、Apple IDなどで2段階認証を設定して、認証コードをSMSで受け取るよう設定している人も結構いるかと思います。

    僕もSMSで受け取るようにしているんですが、パソコンで認証コードが必要な場面でいちいちiPhoneを取り出してSMSを確認するってのがとても面倒だったんですよね。

    しかも、iPhoneを自宅に忘れたりすると、確認すらできないので絶望するしかなかったんですが、MacでSMSを受信できることによって、それら全ての問題が解消されます。

    SMSを使ってメッセージを送受信することがなくなって来ましたが、そんな場面で役立つこともあるので、設定することをオススメしておきます。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iOS8の新機能と使い方の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー