bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、iPhone向けに「標準プライスプラン」を提供。

iPhone
ソフトバンク、iPhone向けに「標準プライスプラン」を提供。
ソフトバンクモバイルは、iPhoneを新規で購入するユーザー向けのパケット定額サービス「標準プライスプラン」を発表しました。

「標準プライスプラン」は、iPhoneでのパケット通信を月額1029円~4410円で利用できる2段階の定額プラン。加入条件は、新規契約または買い増しでスーパーボーナスを適用した価格でiPhoneを購入し、さらに「ホワイトプラン(i)」と「S!ベーシックパック(i)」に加入をすることとなっています。

2年契約の縛りあり。

標準プライスプラン | SoftBank

ソフトバンクモバイルが2月から提供している「Wi-Fiバリュープラン(i)」との違いは「標準プライスプラン」が2段階静の定額プランであることと、月額490円(2010年12月31日までに契約した場合は無料)で「ソフトバンクバンクWi-Fiスポット(i)」が利用できないこと。新規契約・新スーパーボーナス(24回払い)で購入したiPhoneの実質負担額は「Wi-Fiバリュープラン」の方が安価となります。

また、「パケット定額フル」は上限5985円と他の2プランに比べると割高ですが、2年契約という縛りがありません。

「標準プライスプラン」には、2年契約の縛りがあり、契約期間中に解約またはホワイトプラン(i)以外の料金プランに変更した場合、9975円の契約解除料が発生するため、パケット定額プランを選ぶ際には注意したいですね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中

iPadの噂・最新情報

2019/09/17
新型iPad Pro、トリプルカメラ搭載で10月発表か
Recommendこんな記事も読まれています