bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone、独占禁止法に抵触か。米独禁法当局が調査?

iPhone
iPhone、独占禁止法に抵触か。米独禁法当局が調査。
iPhone OS 4.0の発表と共にクロスフォームコンパイラを用いたアプリの禁止の発表や、ヨドバシカメラなどのオンライン販売店でのApple純正品の販売を終了させるなど、どんどんクローズドな動きをみせるAppleですが、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、Appleが競争を制限する行為をしているかどうかを米司法省と米連邦取引委員会が協議しているとのこと。

今回問題視されているのは開発環境の制限。

iPhoneは違反? アップルを調査か 米独禁法当局 – MSN産経ニュース

問題視されているのは、AppleがiPhone OS 4.0と共に発表を行った同社が指定した開発環境以外での開発の禁止や技術的なデータの第三者への提供の禁止の2つ。

1つ目の開発環境の制限が発表された時に独占禁止法に抵触するのではないかという指摘はよく見られたので、今更驚くことでもありませんが、2つ目の技術的なデータの第三者への提供の禁止というのは具体的にどういったことでしょうか。

AppleがiPhoneアプリの審査に落ちたアプリを他OSで配信することを禁止していることかと思いましたが少しニュアンスが異なるため、また違う事を指してるのかなーと。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、本田翼さん起用の新テレビCMを公開

Galaxyの噂・最新情報

2019/02/20
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のプレス画像が発表直前で流出

キャッシュレス

2019/02/20
メルペイ 、3月中旬にQRコード決済に対応。Android版は2月末以降に

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、誰でも参加できる1年間・月額無料のキャンペーンをスタート
Recommendこんな記事も読まれています