bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 4の電波表示問題は計算式のバグ。

iPhone

世界的な在庫不足となっているiPhone 4ですが、iPhone 4には左手である持ち方をすると電波の強度を表示するアンテナレベルが急激に下がるといった問題がありました

この問題に関してAppleでは、持ち方を買えたり、別売りのバンパーを買うことで回避して欲しいとしていましたが、ここに来てこの問題の原因は、アンテナレベルを表示する際の計算式が間違っていたと発表し、後日アップデートを提供すると発表しました。

この問題は初代iPhoneやiPhone 3G、iPhone 3GSにも存在するとのこと。

つまり、急激にアンテナレベルが急激に下がる事象が正常で、急激に下がる前の電波状態がバグということになりますね。

Appleは「どんな端末でも持ち方によってバーの数は減る」とした上で、アンテナ部分を覆っただけでバーが4~5本も減るのは異常だと認めている。この問題を調査したところ、“驚いたことに”表示するバーの数を決める計算式が完全に間違っていたことが判明したという。このバグのせいで実際の電波強度よりも多くバーが表示されており、電波の弱いエリアではアンテナを覆っただけで急にバーが減る現象が起きたとしている。

情報元:Apple、iPhone 4のアンテナ問題は「電波強度表示の誤り」と発表 アップデート実施へ – ITmedia エンタープライズ


現在、Appleはこの問題を巡って複数の訴訟を起こされていますが、通常表示されているアンテナレベルが実質嘘ということになり、アンテナレベルの水増しとも取られかねない事象ということやiPhone 4だけでなく、iPhoneやiPhone 3G、iPhone 3GSなどの機種も該当するということで今後も訴訟の数が増えそうですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています