bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 4のマルチタスクで使用したメモリを解放する方法。

iPhone

iOS 4になりマルチタスク機能が搭載されてから格段に使えるモノになったiPhoneですが、iOS 4のマルチタスク機能はAndroidのようにOS側で一定のタイミングでメモリを解放しないため、ホームボタンをダブルクリックしたときに表示されるタスクバーのようなものにどんどんアプリが溜まっていき、メモリを食いつぶしていきます。

そこで、今回はiPhone 4にてマルチタスク時のメモリを解放する方法を紹介。

メモリ不足になった事はたぶんまだないのであまり使わないかも?

マルチタスク時のメモリを解放するにはまずホームボタンをダブルクリックして起動しているアプリケーションを表示させます。


アプリケーションが表示されたらアイコンを長タップすると、アプリケーションのアイコンの左上に「-」が表示され、それをタップすることでアプリケーションの一覧からアイコンが消え、メモリを解放することができます。


この状態から抜け出すにはホームボタンをシングルクリックすれば抜け出せます。

iOS 4のマルチタスク機能は、PCのマルチタスクに近く、PCやWindows Mobileのマルチタスクに慣れてる人は何の違和感もなく使えることができると思いますが、ケータイに最適化されていないので操作性はイマイチですね~。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています