bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iPhoneでアプリの定期課金方式を導入へ!

iPhone

Appleが定期購買方式のコンテンツ販売をAppStoreで展開すると発表しました。

これにより、月額課金方式でアプリなどのコンテンツをiPhoneに提供することが可能となります。

Appleへの手数料はこれまで通り30%

米アップル、App Storeからダウンロードできるコンテンツで定期購読サービス:ニュース

これまでもiPhoneでは一定期間ごとに料金を支払ってアプリの利用権を購入することはできたものの、開発者が別途対応することが必要でしたが、今後は開発者が別途対応する必要がなくなり、スマートにアプリを提供することができます。

Appleが提供する定期購買方式の期間は週、月、隔月、3ヶ月、6ヶ月、1年となっています。

また、定期購買方式の提供により、ユーザーをアプリの外部に誘導してコンテンツやアプリの一定期間の利用権を購入させるリンクをアプリに設置することはできなくなるようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEの使い方

2020/09/21
LINEで「電話番号で友だち追加されました」防ぐ方法は?

AirPods

2020/09/21
「AirPods Pro」レビュー

iOS 14

2020/09/20
iOS 14の新機能:ピクチャ・イン・ピクチャの使い方。YouTube/Netflixも再生可能

iPhoneの噂・最新情報

2020/09/20
iPhone12の噂まとめ:いつ発売?発表日・価格・スペックなど
Recommendこんな記事も読まれています