bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone nanoはやっぱり発売されない?

iPhone

先週ブルームバーグがAppleがiPhoneの廉価版を開発しており、廉価版はiPhoneの2/3のサイズで価格は200ドルになるのではないかと報道しましたが、ニューヨークタイムズではサイズはiPhone 4と同程度になると報じています。

バリエーション導入の動きも?

新iPhoneが小さくなるという噂はデマ? iPhone4と同じサイズのまま! : ギズモード・ジャパン

ニューヨークタイムズでは、AppleがiPhoneをより安く提供しようと考えているのは事実だが、サイズを小さくしてもiPhoneを安価に作ることはできないため、iPhoneのサイズを小さくして提供するということは当分ないとのこと。
それよりも内蔵メモリの容量やカメラの性能にバリエーションを持たせるという動きがあるようです。

iPhoneのサイズを小さくすることで部品が小さくなるため、安価で提供することは可能だと思いますが、通常版とは別に製造ラインが必要になるからということでしょうか。

しかし、これまでのApple製品を振り返ればサイズにバリエーションを持たせるという動きは当然ありそうですよね。
サイズにバリエーションを持たせるという動きがスマートフォンにも受け入られるのかが微妙な所ですが。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2020/01/21
「モバイルPASMO」がついに登場。2020年春に開始

Galaxyの噂・最新情報

2020/01/21
縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」は6.7インチ・12MPカメラ搭載か

LINE

2020/01/20
iOS版LINE、今度はアプリが開けず落ちる不具合が発生。現在調査中

LINE MUSIC

2020/01/20
無料・広告なし・全曲フル再生、LINE MUSICが“フリーミアムモデル”開始
Recommendこんな記事も読まれています