bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりもWi-Fiの利用率が高いらしい

iPhone

アメリカとイギリスを対象にスマートフォンのWi-Fiの利用率を調査したところiPhoneユーザーはAndroidユーザーに比べてWi-Fiの利用率が高いという結果になったそうです。
情報元: 「iPhone」ユーザー、「Android」ユーザーよりWi-Fi利用度が高い – CNET Japan

調査会社comSearchの調べによると、iPhoneユーザーは3G回線とWi-Fiの両方を利用する割合が約7割、Androidユーザーでは3割とかなり大きな開きがあるようです。

日本の調査結果であれば、iPhoneユーザーの大多数はソフトバンクの回線を利用している人がほとんどだと思うのでこれぐらいの開きはあるのかなーと思いましたが、アメリカとイギリスですか。
思いあたるのはiPhoneにプロファイルを登録することで、ソフトバンクやFONが提供するネットワークに自動接続することができますが、あれの影響ですかね。
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に
Recommendこんな記事も読まれています