bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりもWi-Fiの利用率が高いらしい

iPhone

アメリカとイギリスを対象にスマートフォンのWi-Fiの利用率を調査したところiPhoneユーザーはAndroidユーザーに比べてWi-Fiの利用率が高いという結果になったそうです。
情報元: 「iPhone」ユーザー、「Android」ユーザーよりWi-Fi利用度が高い – CNET Japan

調査会社comSearchの調べによると、iPhoneユーザーは3G回線とWi-Fiの両方を利用する割合が約7割、Androidユーザーでは3割とかなり大きな開きがあるようです。

日本の調査結果であれば、iPhoneユーザーの大多数はソフトバンクの回線を利用している人がほとんどだと思うのでこれぐらいの開きはあるのかなーと思いましたが、アメリカとイギリスですか。
思いあたるのはiPhoneにプロファイルを登録することで、ソフトバンクやFONが提供するネットワークに自動接続することができますが、あれの影響ですかね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円

スマホアプリ

2020/10/20
人気ウィジェットアプリ「Widgetsmith」が大幅アプデ。壁紙の作成機能や不具合修正など
Recommendこんな記事も読まれています