bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 4Sの”S”は「for Steve」ではなかった!

iPhone
Photo By Chippycheeky
iPhone 3GSの「S」はSpeedの頭文字の”S”。では、iPhone 4Sは?と聞かれたら「for Steve」と答える人がほとんどだと思います。iPhone 4Sのリリース直前にスティーブ・ジョブズが他界したことから各地でそう報じられましたからね。

そんなiPhone 4Sの「S」の真相をティムクックが明らかにしました。
情報元
Apple CEO の Tim Cook 氏、「iPhone 4S の『S』は、『Siri』の『S』」 – インターネットコム

ティムクックはAll Things Digitalカンファレンスにて、iPhone 4Sの「S」はiPhone 4Sに初めて搭載され、現在もiPhone 4Sだけで利用できる「Siri」の頭文字であることを明らかにしました。

ということはiPhoneのマイナーチェンジモデルに付いている”S”は今後は他のアルファベットにもなり得るということでしょうか。

関連記事

コメント

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2020/05/26
携帯3社、緊急事態宣言解除でショップの通常営業を順次再開

iOS 13

2020/05/25
更新:新型コロナ 接触追跡アプリの公開は6月中旬に

au

2020/05/25
au、「Xperia 10 II」を6月4日発売。価格は約5万円

キャッシュレス

2020/05/25
iPhone版Suica、楽天カードでチャージすると楽天ポイント付与。終了日未定
Recommendこんな記事も読まれています