bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple独自の地図アプリには複数の企業の地図データが利用されていることを確認。

iPhone

昨日「iOS6」のベータ版をインストールして早速Appleが開発した地図アプリを触ってみました。

アプリからは地図データがどこから提供されたものか確認することができますが、複数の企業が地図データを提供していることがわかりました。
東京駅周辺を表示してみたところインクリメントP社が提供していることがわかりました。


日本は全てインクリメントP社の地図データなのかなと思いきや縮小していくとTomTom社に変わります。


ということは日本地図はTomTom社提供で各都道府県の地図データはインクリメントP社が提供しているということなのでしょうか。

場所を変えてみます。ロサンゼルスはTomTom社。


さらに、場所を変えてイタリア。こちらもTomTom社。


このあと、オーストラリアや韓国、ドイツ、ロシア、中国なども同様に検証してみましたが全てTomTomとなっていました。日本に限らず地図データは主にTomTom社が使われていて、限られた所で別の企業の地図データが使われているようですね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/23
災害時に役立つiPhoneの「緊急低電力モード」をショートカットで作る

Apple Music

2018/09/22
miwaの全楽曲が「Apple Music」などで聴き放題に

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
写真・動画、ショートカットもカンタンに送れる「iCloudリンク」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法
Recommendこんな記事も読まれています