bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple独自の地図アプリには複数の企業の地図データが利用されていることを確認。


昨日「iOS6」のベータ版をインストールして早速Appleが開発した地図アプリを触ってみました。

アプリからは地図データがどこから提供されたものか確認することができますが、複数の企業が地図データを提供していることがわかりました。
iPhone
東京駅周辺を表示してみたところインクリメントP社が提供していることがわかりました。


日本は全てインクリメントP社の地図データなのかなと思いきや縮小していくとTomTom社に変わります。


ということは日本地図はTomTom社提供で各都道府県の地図データはインクリメントP社が提供しているということなのでしょうか。

場所を変えてみます。ロサンゼルスはTomTom社。


さらに、場所を変えてイタリア。こちらもTomTom社。


このあと、オーストラリアや韓国、ドイツ、ロシア、中国なども同様に検証してみましたが全てTomTomとなっていました。日本に限らず地図データは主にTomTom社が使われていて、限られた所で別の企業の地図データが使われているようですね。
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Kindleセール情報

2018/05/27
半額、Kindleストアで「春のビジネス実用書フェア」が開催中

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中
Recommendこんな記事も読まれています