iOS6.1でアップデートされた2つの重要機能

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

iOS6.1でアップデートされた2つの重要機能


昨日AppleはiOSデバイス向けにiOS6.1の提供を開始しましたが、アナウンスされていない2つの重要な機能がアップデートされたので紹介しておきます。

その1:広告識別子のリセット機能

iOS6.1で広告識別子をリセットするボタンが追加されました。広告識別子というのは追跡型広告を表示するための識別子です。

一部で誤った情報は伝えられているようですが、この追跡型広告が示すものは画面のスクロールに合わせて表示される以下のような広告ではなく、ユーザーのウェブサイトへのアクセス情報を元に表示される広告のことです。


iOS6.1で追加されたのはこのリセットボタンでアクセス情報をリセットすることで追跡型広告を初期化できるというものです。

iOS6.0で追加された広告識別子はリセット機能がなかったことからセキュリティ面で多方から指摘を受けていましたが、iOS6.1で解消されたこととなります。

その2:一部のアプリにてバックグラウンド再生が不可能に

SafariやChromeにてYouTubeにアクセスし、動画を再生。この後、iOS6.0ではタスクメニューの音楽プレイヤーから再生することでバックグラウンドでの音声再生が可能でしたが、iOS6.1でこれが不可能になりました。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています