廉価版iPhoneの正体は中国向けのiPhoneかーAppleが上海で開発計画

Yusuke Sakakura

廉価版iPhoneの正体は中国向けのiPhoneかーAppleが上海で開発計画


Photo By Lee J Haywood
廉価版iPhoneのボディにプラスチック素材が用いられる廉価版iPhoneの正体はiPhone5を小型化したiPhone miniであるなどど噂されている廉価版iPhoneですが、正体は中国版のiPhoneなのかもしれません。
情報元
アップルが“中国版iPhone” 上海に開発拠点計画 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

廉価版iPhoneの価格は約3万円に

Sankei.bizによると、Appleが中国版のiPhoneの開発を上海で進めているとのこと。

中国版のiPhoneは中国語をサポートするなどローカライズされたモデルとなり、価格は2000元ー日本円で約3万円と安価でリリースされるようです。

Appleではこの中国版のiPhoneを開発するため、今夏までに上海市内に開発拠点を建設すると伝えられています。

狙いは中国でのシェア拡大

カンタージャパンの携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査によると、中国(都市部)における2012年10月〜12月のスマートフォン販売シェアはiOSが21.9%、Androidが72.5%となっており、Appleがいかに中国で苦戦しているかがわかります。(日本は66.2%)

苦戦の原因は中国では比較的安価なスマートフォンがヒットする傾向にあり、高価なiPhoneなどは敬遠される傾向にあるようです。

そこでAppleは安価な廉価版iPhoneの開発に乗り出し、中国のシェア拡大に動いたと考えるのが妥当ですかね。

廉価版iPhone=中国向けiPhoneか

中国版のiPhoneについてはこれまでも何度か噂されており、AppleのCEOティム・クック氏は2012年3月に1度、そして今年の1月にも2度目の訪中を行なっていることから、中国版iPhoneのリリースが近くなっているのは間違いないと思います。

このことから「中国版iPhoneが廉価版iPhoneである」と考えるのが1番すんなりいきますが、クック氏は「Appleにとってマーケットシェアは関係ない」、「中国ではフィーチャーフォンを使用しているユーザーが多く、安価で提供されているスマートフォンに置き換わる可能性があるが、(安価なスマートフォンを提供するのは)Appleの開発ポリシーに適さない」と廉価版iPhoneについて否定的なコメントをしていることから廉価版iPhone=中国版iPhoneと考えにくい要素も含んでいます。

ただ、示してきた方針を何度も変更したり、意図的に明らかにしてこなかったAppleですからね。今回もその線は十分にあると思います。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/05
新着記事
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始

iOS 14

2021/05/04
iOS 14.5.1配信開始。Appトラッキングの透明性に関する不具合を修正
Recommendこんな記事も読まれています