未だ売れ続けるiPhone4S。Appleにとって廉価版iPhone投入は必然なのかもかもしれない

iPhone

未だ売れ続けるiPhone4S。Appleにとって廉価版iPhone投入は必然なのかもかもしれない


Photo By Yoshikazu TAKADA
米の調査会社Consumer Intelligence Research Partnersの調査結果によると、2013年6月度のPhoneにおける販売シェアはiPhone5が52%、iPhone4Sが30%、iPhone4が18%となっていることがわかりました。

iPhone5はやはり販売不調だった!?

AppleInsiderがConsumer Intelligence Research Partnersより入手したiPhoneにおける販売状況の調査結果が以下となっています。各期間ごとに売り上げたiPhoneのシェアのようです。


当時の最新機種であるiPhone4Sが発売直後の2011年10月に全てのiPhoneのうち90%を売り上げたものの、iPhone5は発売直後たったの68%にとどまったこと、2012年末にはiPhone4Sの販売シェアが再び上昇した一方でiPhone5は50%にまで落ち込んでいることが分かります。

これらのことを考慮すると、やはりiPhone5は販売不調だったと言えると思います。

iPhone5ではディスプレイがインチアップされるだけでなく、デザインの大幅な刷新、ボディの軽量化、LTEのサポートなどの大幅なアップデートが行われましたが、ユーザーには響かなかったということなのかもしれませんね。

Appleにとって廉価版iPhoneの投入は必然なのかもしれない

以下の表からはAT&T、Verizon、Sprintといった先行してiPhoneを販売したキャリアからT-Mobile(T-Mobileは4月からiPhone5の発売を開始)が大幅にシェアを奪っていることがわかります。


AppleInsiderでは、T-Mobileの低価格なプランが他キャリアからシェアを奪った要因と伝えていますが、ユーザーが求めているのは「低価格」であり、それはプランだけでなくiPhone5などスマートフォンに対しても同じことなのかもしれません。比較的安価なiPhone4Sが未だに売れている理由にもつながっているのかもしれません。

また、Appleは廉価版iPhoneの投入を検討していると噂されていますが、ユーザーが求めているのは低価格であるとAppleが認識しているのであれば、廉価版iPhoneの投入は必然かと思います。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Google Home/Nest

2021/02/27
新型Nest Hub、Soliチップ搭載で空中ジェスチャに対応か

NTTドコモ

2021/02/27
ahamo、音声定額込みで料金値下げか。週明けにも発表

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」

au

2021/02/26
ドコモとKDDI、解約手続きページを検索結果から除外。総務省指摘で修正
Recommendこんな記事も読まれています