bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモのiPhone販売ノルマは500万台!?ー産経新聞

NTTドコモ
ドコモのiPhone販売ノルマは500万台!?ー産経新聞
ドコモからのiPhone販売において最大の障害となっていたのはAppleがキャリアに要求するiPhoneの販売ノルマとされています。

Appleが要求するノルマについては明らかにされていませんが、非常に厳しいものと噂されており、最近ではロシアの上位3キャリアがノルマをクリアできなくなり、iPhoneの販売を取りやめています。

ドコモがiPhoneを販売するとなればこの厳しい販売ノルマを受け入れたということになりますが、産経新聞では具体的な販売台数として500万台と報じています。

500万台は25年度の販売計画から算出したもの?

産経新聞によるとドコモとAppleはiPhoneの販売ノルマを「1年で約500万台を売り上げること」で合意したと報じています。ただ、関係者などから情報を得たものではなく、あくまでも25年度の販売計画から算出したものだと思います。
ドコモの25年度のスマホ販売計画は1600万台。加藤薫社長はかねて「(総販売台数の)2~3割なら売ってもいい」と述べており、アップルとは年間500万台前後の販売で合意したもよう。

引用元:国産端末メーカーはさらに厳しい生き残り競争に ドコモのiPhone発売で – MSN産経ニュース

25年度の販売計画を発表する際に加藤薫社長は「iPhoneを含んでいない」と発言しており、この数値からiPhoneの販売ノルマを算出できるかというとクエスチョンマークです。

意外と厳しい500万台のiPhone販売ノルマ

500万台の妥当性についてちょっと考えてみました。

2013年夏モデルの「Xperia A SO-04E」が2ヶ月半で120万台を売り上げており、単純に掛け算すると1年間で576万台ということになります。

販売直後の2ヶ月半ということで1番売れる時期の販売台数ですし、1年間販売ペースを落とさずに売れ続けるということはあり得ません。

さらにはドコモは2013年冬モデルとしてはXperia Z1やGALAXY Note3を発売するものと見られており、ドコモ内でのライバル機種も魅力的な端末であることを考えれば、iPhoneと言えども500万台というノルマがいかに厳しいかがわかるかと思います。

それでも人気のiPhoneであれば売り切ってしまうのでしょうか。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE

2018/11/21
LINE、アップデートで「位置情報」と「LINE Beacon」の利用許可を案内。許可するとどうなる?

Appleニュース

2018/11/21
障害復旧:“App Storeに接続できません“――Apple Musicにも繋がらず

Android

2018/11/21
Google、脱スマホ中毒アプリ「Digital Wellbeing」を正式公開

スマホアプリ

2018/11/21
ポケモンGO、伝説レイドに「クレセリア」登場。弱点やおすすめのポケモンは?
Recommendこんな記事も読まれています