bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Androidアプリは有料アプリよりも内部課金の方が儲かるのかもしれない

Android

Androidアプリは有料アプリよりも内部課金の方が儲かるのかもしれない


調査会社のDISTIMOによると、Google Playストアの内部課金による売上が全体の98%を占めていることが明らかになったようです。

スマートフォンのアプリで今勢いのあるパズドラやLINEがそれに当てはまりますが、まさかここまで極端な数値になるとはちょっと驚きですね・・・

内部課金が有料アプリよりも儲かる理由ってなんだろう

どちらもユーザーがお金を払うということでは変わりがないのに、ここまで極端に全体の売上を占める割合が違うというのはちゃんとした理由があるからなんでしょうね。

僕なりにちょっと考えてみましたが、まずは内部課金のアプリは基本的に無料なので有料アプリよりも圧倒的にダウンロードしやすいことがあげられるかなと。

有料アプリの場合は、開発者のアプリ説明やアプリのレビューなどが判断材料になりますが、内部課金の場合は自分自身が実際にアプリを触った上で課金をするため、有料アプリよりもお金を払うまでのハードルが低いんじゃないかと思います。

また、有料アプリの場合は買いきりなので1ユーザーに対して1回の課金しか得られませんが、LINEのスタンプやパズドラの魔法石などの内部課金はリピートできるのが大きいですよね。有料アプリは課金までのハードルが高い割に1ユーザーから得られるお金が少ないかなと。

ただ、アプリを作る側のことを考えると、リピートして買ってくれるようなコンテンツや仕組みを作らなければいけないので大変ですよね。LINEのスタンプなんて個人じゃマネできないでしょうし、パズドラの魔法石のような仕組みを考えるのもかなり大変です。

やっぱり楽して儲けることはできないんだなーと思いつつ、今年こそはスマートフォンアプリを1本は作って公開してみたいな。

あ、明けましておめでとうございます。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2020/11/26
Amazonブラックフライデー2020の注目商品&攻略まとめ

Amazon

2020/11/26
Amazon、“新品同様に見える”iPhoneの販売開始。初代SEは1.6万円

LINEの使い方

2020/11/25
iPhone版LINEでフォント変更が可能に〜変更方法を解説

HomePod

2020/11/25
「HomePod」で家電を操作する方法
Recommendこんな記事も読まれています