bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google I/O 2014の公式サイトが公開ーイベントの参加受付は4月8日より開始

Android
Google I/O 2014の公式サイトが公開ーイベントの参加受付は4月8日より開始
毎年新しいサービスや新製品が発表されるイベント「Google I/O 2014」の公式サイトが公開されました。

公式サイトの公開にともない、イベントの参加受付を4月8日から開始、4月10日まで受け付けると発表されました。

人気のチケットは先着順から抽選に

ここ近年のGoogle I/Oでは最新のAndroidスマートフォンやタブレット、Chrome OSを搭載したパソコンなどが参加者にプレゼントされることもあって開発者だけでなく、幅広いユーザーに人気のイベントになっています。

チケットの価格は高額(今年は900ドル、学生は300ドル)ですが、昨年のGoogle I/Oの参加チケットも販売から1時間足らずで完売しています。

これを受けて、今年は4月8日から4月10日まで応募を受け付け、その後Google側で抽選が行われ無事当選するとチケットの購入確認メールが受け取れるようです。

Google I/O 2014の公式サイトにはいろんな仕掛けも

イベントへの参加申し込みを受け付けるGoogle I/O 2014の公式サイトのトップにある水玉をクリックするとアニメーションが表示されるなど、仕掛けも用意されています。


また、ページのフッターには点字のような記号というか暗号のようなものも確認できますが、何を示しているのかはわかりません。


さて、今年はどんなサービスや製品が発表されるのでしょうか。Android関係だと昨年は新しいバージョンのOSやNexusシリーズの新製品の発表はなく、Google Play Editionと開発環境のAndroid Studioが発表されており、近年のGoogle I/Oと比較するとかなり開発者向けのイベントになったかと思います。

期待したいのはAndroid 5.0や新しいNexusデバイス、ウェアラブルデバイスの発表ですが、目立った噂もないので僕は昨年並みの発表になるのではないかと予想しています。(よく外れますけどね・・・

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2019/12/07
Kindle、過去最安値でサイバーマンデーに登場

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/07
iPhone 9、“8”と同価格または低価格で発売か

ソフトバンク

2019/12/06
ソフトバンクと東京大学、AI研究所を'20年春に設立。最先端のAI研究機関へ

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/06
Apple、2020年に「iPhone 12」や「iPhone SE2」など5機種を発売か
Recommendこんな記事も読まれています