bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 8ベータ版からiOS 7に戻す方法

iOS
iOS 8ベータ版からiOS 7に戻す方法
iOS 8ベータ版が本日より開発者向けに配信されて、早速インストールした方もいるかと思いますが、ベータ版のため当たり前ながらバグは多く潜んでいますし、異常に発熱するといったこともあります。

今回は、iOS 8ベータ版からiOS 7に戻す(ダウングレード)する方法を画像付きで紹介します。

1.iOS 7のインストールファイルをダウンロードする

まずは、iOS Dev Centerにアクセスして、「iOS 7 SDK」をクリックします。


下の方にスクロールして、ダウングレードしたい機種またはモデル番号のインストールファイルをダウンロードします。


モデル番号はiPhoneやiPadの裏側に刻印またはプリントされていると思います。


2.iPhoneを探すをオフにする

iOS 7にダウングレードする前にiPhoneを探すをオフにする必要があります。

設定を起動して「iCloud」を選択後、下の方にある「iPhoneを探す」をオフにしましょう。

3.iOS 8ベータ版からiOS 7に戻す(ダウングレードする)

iOSデバイスをPCに接続した状態でiOSデバイスの電源ボタンを長押して、この状態になったら電源ボタンとホームボタンを長押しします。


iPhoneの画面が真っ暗になったら電源ボタンだけを離します。ホームボタンはおしっぱです。iTunesにて以下のようなウィンドウが起動したらホームボタンから指を離しましょう。


リカバリモードになったら、「iPhoneを復元」をクリックすると、以下の様なウィンドウが表示されるので「復元とアップデート」をクリックすれば、


iOS 7.1.1へのダウングレードが可能になるはず。


上記手順でできない場合は以下の手順を試してください

リカバリモードになったら、Optionキー(WindowsならShiftキー)を押しながら「iPhoneを復元」をクリックして、先ほどダウンロードしたispwファイルを選びましょう。


「復元」をクリックすると、iOS 7にダウングレードされます。


4.バックアップデータから最新の状態に戻す

ここまで作業したiOSデバイスは、まっさらな初期状態のiOS 7になっています。写真もアプリも音楽も全て存在しません。

iOS 8ベータ版にインストールした時などに取っておいたバックアップデータを使ってその時の状態まで戻してやる必要があります。

手順はカンタン、iOS 7へのダウングレード直後に表示される以下の画面にてバックアップデータを選択後、「続ける」をクリックすればOKです。


上記のウィンドウが出ない場合は、iOSデバイスをPCに繋いでiTunesを起動後、「バックアップを復元」をクリックして、最新のバックアップデータを選ぶだけです。


すると、バックアップデータからアプリなどが復元され、最新の状態でiOS 7に戻せたはずです!

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/09/24
Apple、消費税増税に伴うアプリなどの値上げを突然発表

Android

2019/09/24
Google、ゲームもアプリも遊び放題の「Play Pass」登場。月額4.99ドル

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2019/09/22
iPhone 11を買ったら設定しておきたいこと13のこと

Pixelの噂・最新情報

2019/09/21
Pixel 4、新色はまた変な名前「オーソーオレンジ」か
Recommendこんな記事も読まれています