bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 7のシェアが90%に到達、iOS 6も根強いシェアを誇る

iOS
iOS 7のシェアが90%に到達、iOS 6も根強いシェアを誇る
AppleがiOSにおける最新のシェアを公開しました。シェアはApp Storeへのアクセス状況を元にしたもので、最新版のiOS 7のシェアは90%に到達し、iOS 6は9%となったようです。

iOS 7のアップデート率はiOS 6よりも減っている?

Appleが公開した最新のiOSのシェアは、2014年7月6日~7月13日の期間中に集計されたものとなっています。
iOS 7のシェアが90%に到達するも、iOS 6がまだ10%残る
iOS 7では、フラットデザインが採用され、Safariやミュージックといった標準アプリから設定に至るまで大きなデザインが変更され、もちろんサードパーティ製のアプリもiOS 7対応に追われました。

デザイン性に優れたフラットデザインが好評を集める中、押すことのできるボタンやアイコンがわかりにくいといった不満の声もよく耳にします。

では、同時期のiOS 6のシェアと比較した場合、どれだけの差があるのかを比較してみたいと思います。

こちらが2013年5月27日~6月3日に同じ調査方法で集計されたiOSのシェアです。集計された時期は今回の調査よりも1ヶ月ほど前ですが、ほぼ同時期。iOS 6のシェアは93%を示していました。
昨年同時期比ではiOS 6のシェアが93%に

App Storeにアクセスされたデバイスを集計元にしていることや、iOSデバイスの利用者は増え続けており、最新版へのアップデートが鈍るのは必然ではあるため、単純比較はできず、”iOS 7へのアップデートよりもiOS 6へのアップデートの方が積極的に行われていた”とは言えませんが、ほぼ同時期のシェアを比較した結果、たった数パーセントでもiOS 6のシェアが上回ったことは事実でしょう。

Appleは先月、開催したWWDC 2014では、今秋リリース予定のiOS 8を発表しており、新機能となる健康管理機能やこれまでのiOSでは考えられなかったサードパーティ製の文字入力アプリが使用可能になるなど、魅力的な機能が追加されることになります。

iOS 8の公開後に発表されるバージョン別シェアでは、iOS 6のシェアを減らし、iOS 8がどれだけシェアを伸ばすのかにも注目したいと思います。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2018/07/23
ようやくau系MVNOとiPhone/iPadでテザリング可能に。mineoが10月末から対応開始

LINE Pay

2018/07/23
LINE Pay、「マイカラー」を8月に変更。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を大幅引き上げ

格安SIM

2018/07/23
mineo、ソフトバンク回線の「Sプラン」を9月スタート。6ヶ月・月額0円のキャンペーンも

au

2018/07/23
「Xperia XZ2 Premium」の発売日は7月27日から。au版は2週遅れに
Recommendこんな記事も読まれています