bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

アップル、iPhone 5のバッテリー無償交換プログラムと返金対応を開始!手続き方法まとめ

iPhone
アップル、iPhone 5のバッテリー無償交換プログラムと返金対応を開始!手続き方法まとめPhoto By Desmond Talkington
アップルが2012年に発売したiPhone 5のバッテリーに不具合があることが明らかになりました。これに応じてアップルは2014年8月29日からバッテリーを無償で交換するプログラムを発表しています。

一部のiPhone 5が対象、既にバッテリー交換した人には返金対応も!

アップルによると、ごく一部のiPhone 5にてバッテリーの駆動時間が急に短くなったり、頻繁に充電が必要になったりする可能性があることが明らかになったとのこと。ごく一部のiPhone 5は2012年9月から2013年1月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone 5とされています。

自分のiPhone 5が不具合の対象かどうか確認するには、設定を起動して「一般」→「情報」と進んで中程にある「シリアル番号」をタップして「コピー」を選びます。
アップル、iPhone 5のバッテリー無償交換プログラムと返金対応を開始

シリアル番号をコピーしたら、専用のサイトにアクセスして以下のようなボックスにシリアル番号をペースト後「送信」をタップしましょう。
アップル、iPhone 5のバッテリー無償交換プログラムと返金対応を開始

不具合対象のiPhone 5は、直営店のApple StoreまたはAppleの正規サービスプロバイダに持ち込むか、Appleのテクニカルサポートに問い合わせることで交換することができるとのこと。

また、不具合対象のiPhone 5のバッテリーを有償にて既に交換してしまった人には返金対応が行われるとのことです。返金対応を以下のサイトにアクセスして、

サポートオプションを選択することで返金対応を受けられるとのことです。


iPhone 5のバッテリーが交換されるだけでなく、既にバッテリーを有償で交換した人にも返金対応が行われるのは嬉しいところですが、2年前に発売された機種とあって既に下取りに出してしまった人も多いかもしれませんね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

Apple Music

2018/12/15
Amazon Echoが「Apple Music」に対応。日本ではまだ

スマホアプリ

2018/12/15
ポケモンGO、19日から年末年始イベント開催。XP・アメ・ほしのすな2倍、ふかそうちは毎日配布
Recommendこんな記事も読まれています